Acoustic Grove Systemを採用したコントロールルーム

音空間事業本部 佐竹 康、牧野 和裕、田中 渚

1. プロジェクト概要

625㎡のフロア面積を持ち、フルオーケストラ録音が可能な本スタジオでは、番組のテーマ曲や劇伴音楽の収録から、トーク番組やフルバンド演奏に至るまで、幅広い番組制作が行われている。今回、豊かな響きを持つスタジオフロアはそのまま残し、コントロールルームのシステム更新に合わせて内装改修を行った。音質重視のフルアナログ・コンソール導入とともに、当社製のラージモニター、NES211S(H)×5台によるITU-R BS775-3準拠の5.1chサラウンドモニター環境を構築した。

2. コントロールルーム

コントロールルームとスタジオフロアとが充分にコミュニケーションを図れる大きなガラス窓を確保しつつ、高いモニター解像度をいかに構築するかが課題となった。スピーカマウントに鉄骨トラスフレームとコンクリート台を採用し、大きなガラス窓を跨ぐ形で床面から自立。リジッドな構造とメカニカルアースを両立した強固なスピーカバッフルを構築することで、レスポンスの良いモニター音質を追求した。

また、天井高さがない横長室形状のスタジオに起こりがちな"音抜けの悪さ"を解消するため、壁面だけでなく、天井面から吊るす形で「Acoustic Grove System」を採用。高域の微細な拡散反射を天井からも返すことで、反射音の時間・空間バランスを整えてリスニングエリアを拡大し、オーケストラの繊細かつダイナミックな音楽表現やスタジオの空気感も再現できる高いモニター解像度を目指した。

【システム】Console : API Vision 64ch dual fader / Main 5.1ch Monitor : NES211S(H)*5,
NES100LFE*2, Amp. Bryston 28B SST2*6 / Small Monitor : YAMAHA NS10M
GENELEC 1031A / Digital audio processor : Lab.gruppen lake LM 44

Control room : front side
Control room : front side

Control room : back side
Control room : back side

Commentary Booth
Commentary Booth