航空機・工場 騒音モニタリング 機器/ソフトウェア SoundLapse / 航路逸脱監視

「画像」を用いた機種判別ならびに飛行経路の監視

こんな課題はありませんか?
  • ADS-Bを出してない軍用機の飛行経路を把握したい
  • 逸脱した経路を飛行していないか監視したい
  • 基地に所属していない機種が飛来したことを監視したい
日本音響エンジニアリングのSoundLapseなら

SoundLapseは、高感度・高解像度のカメラで静止画を連続記録することで、航空機の機種や経路を判別します。

特長

機種の特定や飛行経路自動測定に対するニーズ

SoundLapseは、運航実績や飛行経路等、情報の入手が困難な軍用飛行場での運用状況把握に役立ちます。飛行する機種や飛行コースにより発生する航空機騒音は大きく変化しますが、軍用飛行場では運航実績などの情報が入手できません。このため従来は機種判別や飛行コースの把握のためには、人が常駐して目視等で調査する必要があるため、非常に手間と時間のかかるものでした。
SoundLapseではカメラで静止画を1秒ごとに連続撮影することで、機種判別ならびに飛行コースの把握のための測定を無人で行うことが可能です。また、連続静止画と併せて航空機騒音自動測定装置【DLシリーズ】による騒音測定を並行して実施することで、騒音イベントごとに機種や飛行コースを把握することが可能です。飛行禁止区域が設定されている場合には、区域境界を側方から観測できる位置で連続静止画を記録することで、決められたルートの順守状況を監視することが可能となります。
さらに近年では、肉眼で見るよりも明るい静止画が記録できる超高感度カメラの入手が可能となっており、これまでは技術的に難しかった、夜間においても機種判別等が可能です。

低周波音自動測定装置と組み合わせた運用例

低周波音自動測定装置と組み合わせることで、機種判別や飛行コースを効率的に行うことができます。特定の機種について飛行コースを確認することや、低周波音自動測定装置が判定した機種の確認を行うことができます。

DL-101/M/ 低周波音自動測定装置