S邸 ピアノ室

音空間事業本部 田中 渚、佐古 正人

1. コンセプト

閑静な住宅街に一戸建てを新築されたS様。奥様は世界を代表するピアニスト、旦那様はピアノ調律士というお二人は、防音性の高さだけでなく、響きの良い部屋をご所望された。できあがった部屋でS様にピアノを弾いていただき、響きの違いを確かめながら音響調整を行った。柱状拡散体ANKHを置いた瞬間、ピアノの音色がパッと輝いたように感じた。S様の細やかで多彩な音色がそのまま響きわたる部屋となった。

2. お客様の声

ANKHの響きが大変気に入っています。ピアノ室に求めるものは、まずは防音性能ですが、響きも同じくらい大切なものだと思います。ANKHを導入して、ピアノの音に広がり感と立体感が出ました。以前の練習室では、この音は大きなホールで、よく響くピアノで弾いた場合は...と常にコンサートホールと練習室の響きの違いを予測しながら、練習する必要がありました。しかし、今回のピアノ室では、練習時でもコンサートホールでも同じような弾き方で同じような響きを感じられる空間になったと思います。練習室はコンサートホールに比べて小さな空間ですが、もっと広い空間で弾いているような感覚をうけます。

夜中でも音の漏れない安心感・また練習と本番の響きの差が小さくなったことで、よりよい練習環境になりました。

Back
Back

Door
Door

音響調整パネル
音響調整パネル