詳細検索

ホーム > 業務紹介 > 音響試験・測定 > 吸音・遮音材料性能評価 > 吸音・遮音材料性能評価

吸音・遮音材料性能評価

防音材(吸遮音材料)の開発および評価・設計に

音響材料測定システム自動車・OA機器をはじめとした工業製品や家電製品には、静粛化の目的で様々な吸遮音材料が用いられています。これらの材料の音響特性(吸遮音特性)の評価には、音響管や残響室-無響室を用いた測定システムが必要とされます。また、所望の音響特性をもつ材料を開発するためには、それを予測するためのソフトウェアおよび予測に必要な材料パラメータの測定が必要です。弊社では、音響特性の評価・予測に必要なあらゆる測定システムおよび予測ソフトウェアをご提供しています。

積層構造音響特性予測ソフトウェアSTRATI-ARTZ

モデルを用いた多孔質弾性材料の吸遮音性能を予測するソフトウェアです。様々な入射条件に対する積層材料の予測が可能です。

残響室法吸音率・音響透過損失測定システム AbLoss

小型のサンプルを用いて音響材料の残響室法吸音率・ 音響透過損失を高精度で測定するシステムです。

垂直入射吸音率測定システム WinZacMTX

音響管を用いて垂直入射条件での吸音性能を測定するシステムです。過去のシステムに対するユーザの声を反映した非常に使い勝手のよいシステムをご提供しています。

流れ抵抗測定システム AirReSys

材料の吸遮音性能に最も大きく影響する流れ抵抗を測定するシステムです。ISO9053に準拠した0.5mm/sでの高性能な測定を実現しています。

迷路度・特性長測定システム Torvith

多孔質材料の内部構造を測定するシステムです。ベルギーのLeuven大で開発されたシステムで、超音波センサーを用います。

弾性率測定システム

多孔質弾性材料の弾性率・損失係数・ポアソン比を測定するシステムです。ヤング率とせん断弾性率の2種類の弾性率測定システムがあります。

おすすめの記事

■ 業務紹介

■ 技術ニュース

おすすめの記事

■ 業務紹介

■ 技術ニュース

建築音響 個人向け音響室 自社ブランド音響製品 音響試験・測定 騒音対策 航空機騒音 販売終了製品・サービス
ページのトップへ戻る