KANDA SQUARE HALL

音空間事業本部 佐藤 節雄 牧野 和裕 渡會 健

1. 概要

神田錦町に大型複合施設「KANDA SQUARE」が完成した。KANDA SQUARE HALLは施設の2階に位置して、ライブコンサートをはじめ、展示会や講演会など利用可能な多目的ホールである。

床面積が約450m2、天井有効高さが7mあり、仕上壁の背後に巾80cm高さ180cmのAGS(柱状拡散体)が54箇所設置された。

2. 設計者の声

KANDA SQUARE HALLは吸音面と反射面の組み合わせだけでは得ることができない中高域のナチュラルで緻密な音場を実現するために、AGS(柱状拡散体)を設けています。AGSの配置は固定スピーカによる音圧分布により、最も効果の高い最適な位置としています。

検討段階で、サウンド・ラボにてAGS有無の比較試聴を行い、発注者やホール運営者をはじめとした関係者で設置効果を確認できました。生で聴くことでしか味わうことができない音の奥行きに感動したことを今でも思い出します。

AGSの手前にガラスクロス(音は透過)を設けたことにより、AGSが視認できないことは残念ですが、他のホールでは味わえない音場を体験するために、KANDASQUARE HALLに是非ご来場ください。


REAR VIEW


AGS


AGS

おすすめの記事

■ 業務紹介

■ 技術ニュース