関西テレビ MA2更新

大阪営業所 川合 正浩 柿沼 誠
音空間事業本部 崎山 安洋

1. 概要

正面モニター棚は全面改修とし、壁・天井内部の吸音材を3D Audioに合わせ調整し、自然な響きで会話もしやすく、長時間作業でもストレスのない明るく落ち着いた音響空間へと刷新した。


MA Room Front View


Console Table


Director Table

2. お客様の声

この度の弊社MAルームの更新は、コンソールの新調と次世代立体音響(7.1.4サラウンド)に対応するシステムという2本柱をテーマに改修を行いました。日本音響様には以前この部屋の音響設備をお願いしたご縁もあり、既存の部屋の形を活かしながら、こちらの希望に沿ったコンソール台・室内環境と、また通常の放送用MA作業(2chステレオ)とサラウンド環境の両立ができる音響設計を依頼しました。部屋の形状やサイズに制限がある中、何度も打合せ・検討・提案を重ねていただき、こちらの希望をかなえていただきました。また、今回導入したノイマンのスピーカーの性能を最大限活かしフラットで自然なモニター音環境を作りたいという要望についても、細やかに調査と音響調整を行っていただき、美しい内装のお部屋の中でとても順調に番組制作作業を進めることができております。いずれ、この部屋で立体音響のコンテンツ制作を行う機会を持つのもとても楽しみです。ありがとうございました。

システム
Console:Avid S6 / Main Monitor : NEAUMANN KH310 / Surround Monitor:NEAUMANN KH80DSP

おすすめの記事

■ 業務紹介

■ 技術ニュース