FUJIPACIFIC MUSIC

音空間事業本部 沈揆煌 出口公彦

1. スタジオ計画

旧青山ベルコモンズ跡地に新たに建設された複合施設ビルのオフィスフロアへの移転工事に伴い、旧オフィスと同様のスタジオを構築する計画としてスタートした。当初は社内向け発表イベントでのコントロールルームとしても使用出来る等、多目的なイメージも検討されたが、コントロールルーム・ブース・前室兼作業スペースという構成の省スペースながら、効率の良いスタジオ計画となった。旧スタジオで不満のあった空調については新築という事もあり、単独の空調設備としている。

2. スタジオの特徴

オフィス移転については全体のレイアウト・デザインをゲンスラー様で計画をされており、スタジオの内装仕上げについても、音響的な影響を受けないように検討を進めながら、オフィス全体とのデザインを踏襲し、白を基調にしたアンティークな雰囲気のデザインにまとめられた。
コントロールルームは、造付のスピーカー台とデスクを設け、その間のスペースと、足元の可動ラックに周辺機器を収納し、ソファースペースも確保された作業性の良いスペースとなっている。
ブースは若干狭くなっているが、前室を設ける事により、遮音性能の向上を図っている。デザインとして取込んだ排気口のAGSもナチュラルな響きを与える効果を引き出している。

3. お客様の声

オフィス移転に伴い、これまで「プリプロルーム」と呼ばれていたスペースを発展的に「スタジオ」として新設しました。限られたスペースの中でパフォーマンスを最大限にするため、図面への落とし込みを何度もキャッチボールをさせていただき、特にコントロールルームでの居住性を重視した空間作りを意識していただきました。結果、大変使い勝手の良いスタジオに仕上げていただけたと思います。

Control Room
Control Room
Main Studio
Main Studio
Main Studio
Main Studio

おすすめの記事

■ 業務紹介

■ 技術ニュース