日南市子育て支援センター『ことこと』あかちゃん広場「森のステージ」

企画室 大山 宏  音空間事業本部 牧野 和裕

44news10-01.jpg

1.概要

日南市中心市街地活性化事業の一環として建設された日南市子育て支援センター『ことこと』あかちゃん広場に、AcousticGroveSystem(AGS)を用いた「森のステージ」が誕生した。 『ことこと』は地元特産の飫肥杉に囲まれた空間で、この空間から次の世代がすくすくと育っていくことを願って設計された。AGSが採用された「森のステージ」は、その中心にあるあかちゃん広場の一角にあり、私たちはその設計に協力した。この広場は子育てに関するセミナー等のイベントが開催されるほか、普段は自由に親子で遊べるようなスペースとなっている。訪れた方からは、「話声が聞き取りやすい」、「赤ちゃんの声がキンキンせず心地よい」、「子供の声が響き合い環境音化している」、「森のイメージが湧いて落ち着く」等の感想が寄せられている。

44news10-02.jpg 44news10-03.jpg 44news10-04.jpg

2.設計者の声

『ことこと』の中心、あかちゃん広場を日南の飫肥杉をつかった「おびすぎの森」でやさしく囲いました。「柱状拡散体」の技術を使い、赤ちゃんが思い切り泣いても叫んでもいやな響き方をしません。広場の製作は日南の製材所、家具屋さんが担当し、オール日南のこども達のための自慢の空間となっています。