専門学校ESPエンタテインメント東京 16号館 サテライトスタジオ

音空間事業本部
後藤 宏明 出口 公彦

MA-1

1.概要

音楽・芸能・楽器の専門学校ESPエンタテインメント東京は、多くのレコーディングスタジオ、ライヴホールがあり、日々音楽業界をめざす学生を育成している。今回、新設16号館1Fにサテライトスタジオの構想が持ち上がり、アフレコ、ニコ生、DJ、ラジオ収録、ラジオ放送など、外に向けてエンタテインメント東京・大阪・福岡を発信する、使用しやすいサテライトスタジオの設計を依頼された。

2.お客様の声

専門学校のサテライトスタジオと言えども、プロレベルの収録・放送の出来るスタジオ設計を依頼しました。音響設計も大切ですが、デザイン、配色、ディテール、紫外線除去、ライティングなど、細かいオーダに対応してもらい大変満足しています。限られた施工面積を有効に使い、広く作業のしやすい空間ができました。使用感は、収録した音も聞きやすく、録音のしやすい空間になっています。サテライトスタジオを使用した、数々のアーティスト・業界の方々にも応援してもらっています。

Booth-1

Booth-1
調整室

Booth-1
調整室

システム
Console:STUDER OnAir1500 12Fader/SP:YAMHA HS8I/HS5I/Recorder:TASCAM SS-CDR200×2/Avid Pro Tools HDX Core/HD OMNI