ホール副調整室更新とサラウンドモニターシステムの構築

音空間事業本部
佐竹 康 崎山 安洋 大高 俊樹 平田 武士

MA-1

1.ツインコントロールルーム

音楽ライブの生放送から収録・イベントまで幅広く対応し、テレビ局付帯で日本有数の多目的ホール音声副調整室の建築リニューアルを行った。リニューアル前の5.1chサラウンド/2chステレオ対応の大小2室の副調整室から、同システム・同規模のツインコントロールルームとして今回生まれ変わった。副調2室は、ホール2階席下部に位置し、天井高さ・容積等に制限があるなか、映像モニターをプロジェクター・音響透過型スクリーンとし、その左右にL/Rch、スクリーン背面にCchが配されている。音場特性を考慮して、左右側壁とコンソール前に柱状拡散体"AGS"を設置し、後壁には大きな曲面拡散体に加え表層に柱状拡散体を配して室全体の拡散性を高めることで、低い天井高と小容積の実空間以上の音場感を得られるサラウンドモニタリング環境を実現した。

2.サラウンドモニターシステム

コンソールを含めた機材更新に伴い、メインスピーカーに弊社製NES211S(H)(L/C/R/Ls/Rs ch) と、NES100 2台(LFE ch) をインストールした。2室とも同一半径、同一高 さのリジッドなスピーカー架台にマウントし、ITU-R BS775-3に則した5.1chサラウンドモニター環境を構築した。

Booth-1
Control room : Rear view

Booth-1
Announce Booth : Side view

Booth-1
Console : SSL System T

システム機器
5.1ch Monitor: L/C/R/LS/RS ch:NES211S(H)/LFE ch: NES100LFE*2/Power Amp.: Main ch: NES500, LFE ch: BRYSTON 28B-SST2/Console : SSL System T (StageBox:Analog in64ch,out16ch×3)