詳細検索

豊富な材料データベース

STRATI-ARTZによる残響室法吸音率の予測

吸音率計算例 残響室法吸音率は試料の面積によって得られる吸音率が異なり、その値が1を超えてしまう現象がしばしば観測されるものですが、STRATI-ARTZによる計算値はその面積の影響も含んで予測できていることが分かります。

STRATI-ARTZによる音響透過損失の予測

透過損失計算例 弊社の音響透過損失計測システムによる実測値を比較したものです。 性質の異なる材料の積層構造であるにもかかわらず、STRATI-ARTZは非常に良い精度で予測できることが分かります。

建築音響 個人向け音響室 自社ブランド音響製品 音響試験・測定 騒音対策 航空機騒音 販売終了製品・サービス
ページのトップへ戻る