Meleon(メレオン)― 音響調整家具 ―

音空間事業本部 河野恵 根木健太 青木良江 崎山安洋
企画室 山下晃一 大山宏 大橋心耳
NOE Asia Pacific Co., Ltd. 高島和博

1. Overview

好きな音色を飾る

「Meleon(メレオン)」は空間の音響特性をだれでも簡単に調整することができる音響調整家具です。一般的な音響調整部材の多くは、機能とデザインが両立されたものが少なく、意匠性の高い空間でのインテリア部材として導入することが難しい場合がありました。さらに室内の音響処理は音響技術の知識を持たない方が自身で調整することが難しいだけでなく、一旦設置すると変更することも困難という問題もありました。そこで、当社では音響性能と意匠性を兼ね備えた、音響調整家具 Meleon(メレオン)を開発しました。

Meleonは従来の音響調整機構に比べ、薄く・省スペースで特別な工事を伴わず簡単に設置が行えます。さらにインテリアに溶け込む意匠性・デザイン性を持ちながら、空間の居住性や快適性を室内音響の面から向上させることができる機能性家具として設計しています。

昨今、リモート会議・ソーシャルディスタンス会議やオンライン講義の機会が増えていますが、そうした場所でも話しやすく、聞き取りやすい環境を実現します。

2. Meleonの構成

Meleon-Shelf

2-Type、3-Color

Meleonアイテムを設置できるマスを持った棚状の家具です。複数のMeleon-Shelfを連結して、音響調整の範囲を広げたり、音響効果を増強したりすることができ、空間のサイズや目指す音場に合わせて自由な組み合わせで設置することが可能です。さらに私たちはShelf自体の音響効果にも着目し、それ自体が空間に音響的な癖を及ぼすことがないように入念な設計・組み立てを行っています。

Meleon-Filler

Leather Type:5Type、Fabric Type:10Type

吸音特性の異なるレザータイプとファブリックタイプの2つの異なるタイプを用意しました。特性の異なるFiller(フィラー)の使い分けにより、目的や空間に合わせた組み合わせが可能です。また、バランスよく幅広い音域を吸音できるように、一般的な吸音材の約5倍の125mm厚とし、素材や構造にもこだわって設計を行っています。カバーのデザインも豊富で、自分らしい組み合わせを楽しめます。

Meleon-AGS

3-Color

木質の円柱を組み合わせた当社の音響製品「Acoustic Groove System(AGS)」の音響効果を凝縮し「Meleon」専用にデザイン。コンパクトな形状ながら、AGSの特徴である『低域の抜けの良さ』と『中高域の緻密な響き』を実現できます。フィラーとの組み合わせで、吸音と拡散の相互の利点を活かした音響的にバランスの良い空間を構築し、低音域から高音域までの周波数応答特性をなだらかに整える効果があります。

3. Meleonの音響効果

3-1. 組み合わせによる音響効果の違い

組み合わせの違いによる吸音特性の変化を上のグラフで表しました。ファブリックタイプの吸音フィラーの組み合わせでは、幅広い周波数帯域でバランスよく吸音していることがわかります。特に話声などの中心帯域である中高域の音をしっかりと吸音し、くせの少ない自然な吸音特性を有しているので、響きすぎて大きな音が発生すると耳が痛くなるような空間や、複数の人が同時に話をすると聞き取りにくく感じるような場所で効果を発揮します。

一方、レザータイプの吸音フィラーでの組み合わせでは、ファブリックタイプの組み合わせと比べ、特に低い周波数帯域の吸音に優れ、かつ、高い周波数帯域の音を過度に吸音しすぎないように設計されているので、比較的小空間で課題となる、いわゆる低域の"ブーミー"対策に効果があります。

3-2. 音響カメラ「SoundGraphy」による音響効果の見える化

音響調整されていない一般的な平な壁のある空間では、壁面からの強い反射音(赤い部分)が音源からの直接音と干渉し、聞き収りづらい音環境となります。

その壁面の前にMeleon-Shelfを設置すると、壁面に入射する音がShelfによって散乱し、弱められます。何もない場合に比べて、赤いエリアが示す強い反射音が軽減されていることからわかるように、Shelfを置いただけでも少し聞きやすい環境になります。

これにMeleon-Fillerを加えると、吸音力が付加され反射音のレベルが下がるので、話しやすく聞きや すい環境になります。高域部分を多く吸音する薄手の吸音材を多用すると、高域が必要以上に吸音され、いわゆる"ツーン"とした環境になり居心地が悪くなりがちですが、Meleon-Fillerはしっかりとした厚み と独自のエ夫により、低域から高域までバランス良く音環境を整えます。

さらに、Meleon-AGSを加えると、音を吸収するだけでなく"自然に"散乱するので、壁からの反射音が弱められるだけでなく、本来聞こえるべき音をより自然に際立たせる効果があります。壁の存在を意識することなく、いっそう話しやすく聞きやすい環境になります。

4. Meleonの導入イメージ

Meleonは、組み合わせにより様々な用途の空間でお役に立てます。住まいはもちろん、レストランやホテル、オフィスなど様々な空間の音環境づくりをサポートします。ここでは、具体的なMeleonの導入イメージを4つご提案しています。Meleonはその空間で過ごす時間をよりいっそう豊かなものにするために、あなたの環境に合った音色を生み出すでしょう。

Restaurant|レストラン

会話も料理もおいしく楽しめる、レストランの音環境をデザイン。
自然な発話で会話を楽しむことができる空間づくりが可能です。会話がはずむだけでなく、BGMや生演奏にも適した空間になります。それぞれのテーブルで大きな声を張ることなく会話ができる音環境を実現します。

Offie & Home Office|オフィス&ホームオフィス

聞き取りやすく話しやすい、会話に適した音環境をデザイン。
会議室では対面する壁同士が反射し合い、音響障害を引き起こすことがあります。「Meleon」は、このような反射音やざわつきを抑え、子音や小さな音も明瞭に聞こえる環境に整えることが可能です。

Public Space|パブリックスペース

みんなが心地よい、公共空間の音環境をデザイン。
公共空間は、誰もが安心して過ごせる音環境が求められます。建物自体の吸音特性を変えなくても、「Meleon」を置くことで、たくさん人がいる中でも一人一人が静かに落ち着ける、憩いの空間が生まれます。

Hotel & Lounge|ホテル&ラウンジ

インテリアも上質に仕上げ、リラックスできる音環境をデザイン
自然な音環境に整えることで、静けさをもたらし、ゲストがくつろぎやすい安らぎの空間が生まれます。「Meleon」なら、上質感あふれるホテルの共用スペースやロビー、客席などのアクセントとしても最適です。

5. 仕様

Meleon-Shelf
材質:パーティクルボード
仕上:耐摩耗化粧合板
外形寸法:約W50×D15×H174(cm)
重量:約10-11kg

Meleon-Filler
材質:(カバー)合成皮革・ファブリック、(パッド)ポリエステル他
外形寸法:約W46×D12.5×H46(cm)

Meleon-AGS
材質:集成材、積層材
仕上:ウレタン塗装
外形寸法:約W46×D9×H46(cm)

おすすめの記事

■ 業務紹介