株式会社リコー テクノロジーセンター 音響計測設備新設プロジェクト

音空間事業本部  藤原 昂, 津金 孝光, 上原 薫, 三枝 裕和, 藤澤 隆
ソリューション事業部  松尾 浩義

半無響室

1. はじめに

複合機やプリンターなどオフィス向けの画像機器を中心に、半導体やデジタルカメラ、全天球カメラ、時計など幅広い製品を提供している(株)リコー。その主力開発拠点リコーテクノロジーセンター内に、音響計測総合試験所として2つの無響室を擁する音響計測設備が新設されました。将来を見据え多様な分野の製品の音響計測に対応できるような柔軟性と、煩雑な計測を効率的かつ高精度に測定できるよう様々な工夫が施された音響試験室です。

リコーテクノロジーセンターは神奈川県海老名市にあり、空調稼働時における暗騒音5dB(A)以下のスペックをクリアすべく、騒音・振動の環境測定、無響室および半無響室内の暗騒音レベルの予測計算を行い、慎重にプロジェクトを進めました。本プロジェクトは、設計・施工ともリコークリエイティブサービス株式会社(以下RCS)と当社が共同で行いました。

2. 施設概要

今回の音響計測設備は既存棟内の限られたスペースに、音響パワーレベル計測等を目的とした半無響室1室、無響室と半無響室を繋げ1室にまとめた極めて珍しい無響室(我々は全半無響室と命名)1室、計測室3室が配置されています。
半無響室は、大型製品の測定を想定し、多ch同時測定可能1. はじめになマイクロフォントラバースシステム及び音響計測システムが設置された大型の半無響室です。

全半無響室は、従来のグラスウール製の吸音楔ではなくポリエステル不織布による吸音楔を採用し、小型の製品または部品レベルのものを測定対象物とした無響室です。今回採用したポリエステル不織布による吸音楔は従来のグラスウール製に比べ、吸音楔を構成するフレームを排除することができるため、より反射物の無い空間を構築することができます。全半無響室の空間の半分の全無響エリアは多目的な音響測定を見据え、床面はやはり反射の影響を最大限なくすために支柱のないスパン5mのステンレスワイヤー組による歩行床としました。反対の半無響エリアにおいては、半径1.5mと2.0mの2種類による組み立て式鳥かご型マイクフレームを採用し、ISO 3744/JIS Z 8733の半無響室法による音響パワーレベルの測定が可能となっています。さらに、半無響室、全半無響室とも、室中心の床には、格子状、放射状のマーキングを施し、より効率的に精度良く測定対象物を配置できるような工夫が施されています。どちらの無響室も測定対象物が重量物であるため、移動動線上の段差はほぼゼロになるよう建具沓摺形状を工夫し、無響室内はセルフレベリング床で極めてフラットな床を構成しました。また各室間を円滑に移動できるよう、自動搬送装置も設置されています。

お客様である(株)リコー様から数十年先まで見据えた音響性能と建築デザインを両立した「近未来」的な無響室を作りたいという強いご要望を頂き、(株)リコー様、RCS様、当社で、仕様検討から、デザイン検討まで三位一体で行いました。試行錯誤繰り返して完成させたこだわりの詰まった無響室です。

3. お客様の声

◆先ず、皆様に感謝申し上げます。既存建屋内への新設となり、10年前から計画していた内容が結果として活かせることが出来て良かったと思います。また、デザイン面に関しては、無響室外部は既存部分と調和を図る音の象徴としての正弦波のデザイン、内部は旧態然とした色合い・デザインは見直し、先進性あるデザイン・色合いとし、ポリエステル不織布と言う素材もデザイン的に新鮮なものとなりました。全体的に新しい印象感の見栄えとなり、リコーテクノロジーセンターに相応しいものとなったと思います。(RCS・設計)

◆施工条件も厳しく、制約の多い現場の中、短工期で安全かつ高機能な設備が完成しました。各担当者のこだわりが随所に組込まれ、愛情の詰まった音響測定設備になっており、音響計測総合試験所として本格稼動した後は、内部の所員のみならず外部から訪れた試験者からも感動して頂ける使用して頂ける設備として長く愛されると思っております。(RCS・設計)

◆計画・設計から施工・完成まで、様々な検討事項や問題点がありましたが、それぞれの担当者視点から意見を出し協議して一つ一つ解決し、関係者全員が納得出来る設備が完成したと感じています。日本音響エンジニアリング様には、施工期間が長期であり大変な苦労をお掛けしました。施工監理者として、施主様が大変満足して頂けている事が何より嬉しく思っており、本プロジェクトに関ることが出来た事を誇りに思います。(RCS・設計)

◆日本音響エンジニアリング様には本プロジェクトの構想検討から参画いただき、音響設計施工の専門家として、また、弊社要望の良き理解者として、最良のプランをご提案いただきました。完成に至るまでの間、関係メンバーが多くの議論を交わしながら、プランを形にしてきた経過がとても印象に残っています。その結果、卓越した音響性能、目を惹くデザイン及びユーザ動線に配慮された使い易さを兼ね備えた魅力的な音響計測設備が完成し、大変満足しております。携わっていただいた皆様に感謝申し上げます。(リコー)

全半無響室 全無エリア床マーキング

【仕 様】

半無響室 内部寸法 10.2m×7.2m×6.8m
吸音楔(グラスウール) 800mm
暗騒音:5dB(A)以下(空調運転時)
計測設備:マイクロフォントラバースシステム
音響計測システム
標準試験卓
全半無響室
半無響エリア
内部寸法5.0m×5.6m×3.8m
吸音楔(ポリエステル不織布)1000mm
暗騒音:5dB(A)以下(空調運転時)
付帯計測設備:測定用鳥かご型マイクフレーム(当社製)、
標準試験卓
全無響エリア 内部寸法5.0m×5.0m×6.2m
吸音楔 (ポリエステル不織布) 1000mm
暗騒音:5dB(A)以下(空調運転時)
設備 音響計測システム、コネクターパネル、計測対象物用多種電源設備、
モニターカメラ・コントローラー(両室とも)、自動搬送装置(計測室内)