関西大学 組立式防音室

音空間事業本部 津金 孝光、林 真希
大阪営業所 近藤 奈緒子

1. 概要

関西大学システム理工学部・音情報システム研究室(梶川教授)は、最新の音響ディジタル処理技術や音響機器設計に関する研究を行っている。昨秋、研究推進のために組立式防音室を導入した。当社の組立式防音室は、設置場所にて短期間で設置ができ、また別場所への移設も可能であるため汎用性の高い実験室としてご利用頂けるものである。

2. お客様の声

防音室の導入は、本学における「コンピュータホログラフィ技術を中心とした超大規模データ処理指向コミュニケーション」プロジェクトに対する文部科学省の私立大学戦略的基盤形成支援事業の援助によるものである。本プロジェクトにおいて本研究室は3Dオーディオやアクティブノイズコントロールを中心とした音響信号処理分野を担当しており、当該の防音室はそれらの実現を目指す上で欠くことのできない設備となっている。主に3Dオーディオ技術やアクティブノイズコントロールにおける主観評価実験や伝達関数の測定などで既にフル稼働している。防音ならびに遮音性能も要望通りの仕上がりとなっており、快適な音環境で精度の高い測定を実現することができている。特に天井に備え付けているスピーカを固定する治具は非常に便利であり、また防音室内に設置したカメラで室内の様子をモニタリングもできることから、主観評価実験も大変やりやすくなった。

防音室の内観
防音室の内観

防音室設備の様子
防音室設備の様子

スピーカ固定治具及び室内カメラ
スピーカ固定治具及び室内カメラ