K邸ピアノルーム

音空間事業本部 佐古 正人

1. コンセプト

オーナー様は、お住まいの戸建て住宅でベーゼンドルファーとヤマハの2台のピアノを所有していた。今回、閑静な住宅街にあるマンションに引越しを計画されており、そこにベーゼンドルファーを置けるピアノルームをお考えだった。大好きなピアノを気兼ねなく楽しめ、且つ、住空間としても快適な空間とするため、マンション内を一度完全にスケルトン解体して、大幅なリフォーム工事を行う事となった。弊社はこの工事におけるピアノルームの設計施工を担当した。平面PLANはピアノルームを中心に設け、その部屋をはさむような形で、寝室やリビングを計画している。これは、防音面からも、ベランダ窓面などに面しないように配慮した結果でもある。防音構造も早朝、深夜はまったく演奏しないという使用条件もあり、完全浮構造は行わず、上下、隣戸に対してのみ配慮した構造として、コストの軽減も行っている。室形状も平行面による音響障害を考慮した、斜めの形状としている。

2. お客様の声

リフォーム会社を探すよりも、先にピアノルームを作る会社として日本音響さんにお願いする事にきめたほど、ピアノルームには思いいれがありました。完成した部屋は、防音に関しても、ベランダではまったく音も聞こえませんし、部屋の響きも大変気に入っています。