N邸ピアノルーム

音空間事業本部 佐古 正人

1. コンセプト

閑静な住宅街にある大きな木造住宅に、スタインウェイを入れるピアノルームをとのことで、この計画はスタートした。当初は2階にピアノルームを設置する案で検討していた。防音構造上、ピアノルームは荷重が重くなるため、建物の構造計算書を頂き、部屋の重さがどこまで耐えられるかなど検討をかさねたが、最終的には1階に設置する事となった。使用条件として、夜間での演奏にも支障がないように、防音構造は完全浮構造になっており、特に隣室に対しては、防音を完全にとのことで、壁面の構造を強化している。部屋の響きに関しては、完成後にピアノが設置された後、オーナー様に実際に演奏していただき、さまざまな音響調整材を用いて、どの響きが最適かを、音を聞きながら意見を頂き、納得が行くまで音響調整を行って、響きの状態を決定している。

2. お客様の声

ピアノ販売店様の推薦や、各種音楽大学の施工など、数々の実績をお聞きして、日本音響様にピアノルームをお願いする事に決めました。今は夜間でも周囲に気兼ねなく演奏していますし、響きに関しても、一緒に音を聞いてもらい、いろいろなアドバイスももらいながら方向性を決めて行けたので、満足の行く状態になっています。