石川県工業試験場 音響試験室

音空間事業本部 後藤 宏明 システム事業部 松尾 浩義

1. プロジェクト概要

石川県金沢市の石川県工業試験場内に今春開所した『いしかわ次世代産業創造支援センター』。この中に音響パワーレベル、吸音率、音響透過損失等の総合的な音響測定が可能な音響試験室が新設され、当社は残響室・無響室、3次元マイクロフォン移動装置を担当した。残響室は不整形7面体形状を採用することにより、十分な拡散性を確保している。無響室においては、付属の半無響室用反射板により容易に完全無響⇔半無響が切り替えられ、多様な音響測定に対応できる。

音響透過損失測定としては音響インテンシティ法を採用し、3次元マイクロフォン移動装置により測定点位置が自動制御され、スピーディな測定が可能。また残響室-無響室間の試料枠は10m2又は1m2を選択でき、幅広い業種の製品・材料の音響透過損失測定に対応する。

2. お客様の声

(独)科学技術振興機構の地域産学官共同研究拠点整備事業により設置した施設です。今後、遮音性製品の音響特性評価に多くの大学や企業が活用することを期待しています。

3次元マイクロフォン移動装置(MTS-3)
3次元マイクロフォン移動装置(MTS-3)

残響室
残響室

計測室
計測室

【仕様】

■ 無響室 内部寸法 : 6m×4m×4.8m 吸音層(吸音クサビ) : 600mm / 暗騒音 : NC-15 /
半無響室化 : 半無響室用反射板 /
設備 : マイクロフォン移動装置設置(当社 MTS-3)試料設置用台 他
■ 残響室 構造RC造/ 壁・天井300mm/ 床250mm 容積200m3 / 暗騒音 : NC-20 /
試料開口(大) : 10m2 / 試料開口(小) : 1m2