詳細検索

ホーム > 業務紹介 > 騒音対策 > 対策工事・コンサルティング > 騒音シミュレーション

騒音シミュレーション

工場の騒音シミュレーション

工場騒音シミュレーションイメージ

工場の騒音対策はシミュレーションモデルで検討します。私たちの騒音予測ソフトウェア「GEONOISE(ジオノイズ)」は多重反射や多重回折の計算はもちろん、必要な場合は音の干渉まで考慮した複雑な計算が可能です。また、どのようなシミュレーションモデルを作るかも重要で難しい問題ですが、私たちはソリューション事業部だけでも、毎年200件以上の調査・コンサルティング実績を重ねています。社内にはソフトウェアや計測システムを開発する部門、受託研究や音響設計・施工を請負う部門もあります。私たちはこの総合力を活かして、工場の騒音対策を検討します。

音源探査技術の応用

音源探査結果 私たちの全方位音源探査システム「NoiseVision(ノイズビジョン)」で測定した音源探査結果は、シミュレーションモデルの精度を高めるために活用されています。NoiseVision(ノイズビジョン)のスクリーニングにより、敷地境界に対して影響の大きい騒音源を特定することができますが、これは現況の騒音状況をモデル化したシミュレーションの精度検証にも有効です。精度の高い騒音対策検討は、何よりもまず現況の騒音状況を精度よく把握することが重要となります。

作業環境騒音シミュレーション

作業環境騒音シミュレーション 工場内の作業環境の騒音対策もシミュレーションで検討します。工場内のすべての設備が稼働している状態で、個々の発生音の大きさを特定することは難しいのですが、ここでもNoiseVision(ノイズビジョン)による音源探査測定から、作業者に対して影響の大きい騒音源を簡単に可視化することができます。そのためシミュレーション上の音源モデル設定が今までより容易になり、対策案の方針を検討するための有効なデータとなります。

騒音シミュレーションの精度

実験、シミュレーション比較

騒音シミュレーションの精度は?というご質問を頂くことがあります。私たちは自社の実験室(無響室)で騒音の回折効果について模型実験を行い、GEONOISE(ジオノイズ)のシミュレーション結果と比較・検証をしています。上図は左側が実験結果、右側がシミュレーション結果です。図の右下方向にある音源に対して、防音壁からの回折効果を比較していますが、側方からの音の回り込みをみると、実験結果はシミュレーションと良好な対応を示しています。

建築音響 個人向け音響室 自社ブランド音響製品 音響試験・測定 騒音対策 航空機騒音 販売終了製品・サービス
ページのトップへ戻る