ハイアールアジアR&D 騒音試験棟(無響室/半無響室) ハイアールアジア株式会社

音空間事業本部 津金 孝光、石垣 充

無響室内観
無響室内観

1. 概要

ハイアールアジアは、ハイアールグループ最大規模となる開発拠点「ハイアールアジアR&D」を今春、埼玉県熊谷に開所させた。

新開発拠点の立地は新幹線高架の近接であった。そのためこの騒音試験棟は、計画初期段階から敷地内での配置検討、騒音・振動の環境測定や無響室および半無響室内の暗騒音レベルの予測計算を行い、慎重にプロジェクトを進めた。関係各所の努力にも助けられ、結果その影響を極力低減させた非常に仕様の高い騒音試験棟を構築した。

この無響室および半無響室は使用目的に合わせて、無響室内をスムーズに移動できる測定架台の設置や、半無響室内に周囲床面から特に絶縁を図った防振架台を設置するなどユニークな設備が盛り込まれている。

2. お客様の声

計画当初から、暗騒音、測定架台、防振架台等、様々な要望に対して、丁寧に対応して頂き、一番のネックであった新幹線の影響を極力排除した優れた遮音性能を持つ騒音試験棟を新設して頂きました。また、完成後もきめ細かいアフターフォローをして頂き大変満足しております。

仕 様 吸音層:【無響室】吸音楔 600mm 【半無響室】多層式吸音機構 600mm
暗騒音:両室共 0dB(A)以下(空調停止時) 5dB(A)以下(空調稼働時)
設備:モニターカメラ・計測用貫通配管・スライド測定架台(無響室)・防振架台(半無響室)

半無響室内観
半無響室内観

計測室内観
計測室内観

騒音試験棟外観
騒音試験棟外観