東海テレビ放送 Nサブ更新

名古屋営業所 加藤 丈晴 稲毛 大輔

1.概要

東海テレビ放送様、Nサブ(報道)更新に伴い、2重鋼製パネルの組立式アナウンスブースと、吸音処理可能な音声モニター棚を新設した。

アナブースは、サブ内の限られたスペース(1.8m×2.6m)、工期が短く、建築工事のように大量の埃が出せない、また報道サブの慌ただしい本番でもコメント録りができるという条件をクリアするため、組み立て式の鋼製2重遮音パネルを採用した。アナブース、モニター棚、いずれも工場で製作し、現場組立て約1.5週間で施工。

アナブースの遮音性能は、500Hz以上で、遮音性能 65dB以上。暗騒音は、NC-20以下と組み立て式としては、極めて遮音性能の高いアナウンスブースとなった。

2.お客様の声

放送局の副調整室内に、生放送で使うためのアナブースを後付けで新たに作ること自体、前例を聞いたことがなく、また設置スペースにも制約があるという条件の中、遮音性能を犠牲にすることなく二重扉でありながら最適なサイズのアナブースが設置できました。

アナウンスブース(2重防音扉)
アナウンスブース(2重防音扉)

アナウンスブース(施工状況)
アナウンスブース(施工状況)

音声モニター棚
音声モニター棚

アナブース仕様
遮音性能:500Hz以上-遮音レベル65dB以上(125Hz:30dB, 250Hz:40dB程度)
暗騒音:NC-15(換気ファン停止時)、NC-20(換気ファン運転時)

音声エリア機材
Genelec 1032、Tamura NT-660(30フェーダー)