詳細検索

ホーム > 効率的な音響材料開発のご提案

効率的な音響材料開発のご提案

音響材料開発とSTRATI-ARTZ

音響材料とは「音響的な機能を持つ材料」で、主な機能としては吸音、遮音、制振(ダンピング)等があります。当初は建材での利用がほとんどでしたが、現在では騒音を遮断し静粛性が求められる自動車や航空機の防音材、内装材に広く利用されています。
音響材料の開発は、これまで多大な時間がかかりました。高い遮音性能あるいは吸音性能を薄く軽量な条件で設計するためには、複数の材料を積層させることが必須になりますが、この積層構造の音響性能の予測は様々な技術的な困難がありました。
日本音響エンジニアリングがご提案するシミュレーションソフトウェアSTRATI-ARTZは、この積層構造の音響性能を短時間で高精度に予測できるソフトウェアです。

■すぐに音響材料の開発に利用できる豊富な材料データベースを提供

STRATI-ARTZでは、シミュレーションで利用できる材料データベースとそのアップデートサービスを日本音響エンジニアリングからご提供させていただきます。シミュレーションには通常の音響計測では得られない「流れ抵抗」や「迷路度」といったパラメータが必要です。これに対し、データベースには日本音響エンジニアリングの研究所にて自社開発した最新の計測設備を利用した結果が反映され、インターネット経由で最新版をダウンロードできます。STRATI-ARTZを導入したその日から、すぐに音響材料の開発を始めることができます。

■短時間での性能予測と最適な構造の発見

STRATI-ARTZは積層構造の音響性能を短時間で予測できます。材料はメモリの許す限り積層でき、音響性能も垂直入射吸音率からランダム入射吸音率、あるいはランダム入射の音響透過損失まで必要な音響特性を簡単な操作で予測できます。材料パラメータの変化に伴う音響性能の変化も簡単に予測可能。シミュレーションによる検討の利点を生かして、コストと性能を両立する最適な構造を素早く見出すことができ、試作回数を大幅に減らすことができます。

■音響材料自体の性能開発から製品に組み込んだシミュレーションまで

STRATI-ARTZは積層構造の音響性能を予測・最適化するためのソフトウェアですが、有限要素モデルで数値解析を行うCAEソフトウェアであるFree Field Technologies社のACTRANとデータの互換性があります。STRATI-ARTZでの検討結果をACTRANにエクスポートしたり、積層構造をACTRANに読み込み、複雑な有限要素モデルに最適化した音響材料を組み込んで解析できるなど、2つのソフトウェアのコラボレーションにより様々なメリットがあります。

■日本音響エンジニアリングのフルサポート

音響材料の開発に関わるコンサルティング・エンジニアリングサービスから材料の音響性能、材料パラメータの委託試験サービス音源探査システム、さらには音響実験室の設計・施工に至るまで、幅広いサービスを展開しています。また、音響材料に関する計測システムの販売も行っております。音響材料開発の分野においても、材料パラメータの計測サービスからシミュレーション、コンサルティングサービスに至るまで、大手自動車メーカー様から関連サプライヤ様まで多くの実績がございます。

技術ニュース
ページのトップへ戻る