詳細検索

ホーム > 会社案内 > 2009年 技術発表・論文投稿リスト

2009年 技術発表・論文投稿リスト

■ 国内発表

小児ICUにおける騒音調査

小池宏寿
日本音響学会2009年秋季研究発表会講演論文集, pp96 (2009)

柱状散乱体を含む音響調整材料を用いた音場評価の試み

山下晃一、森尾謙一、平田昌之、大山宏、大橋心耳
日本音響学会建築音響研究会資料, AA2009-64 (2009)

映画館のリニューアルにおける音場改善事例

津金孝光,早川篤,酒井基行,小池宏寿
日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集, pp1149-1150 (2009)

金沢工業大学 感動デザイン工学研究所 スタジオの音響設計

津金孝光,村林健,崎山安洋,堀井理恵
日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集, pp1151-1152 (2009)

小規模試聴環境設計のための波動音響解析 -層状ランダム拡散体を用いた室内音場制御の実務的な設計例-

佐竹康,鶴秀生
日本音響学会電気音響研究会資料, EA2009-37 (2009)

差分法によるインパルスと応答の効率的な計算手法

鶴秀生, 岩津玲磨 1)
1)東京電機大学
日本音響学会2009春季研究発表会講演論文集, pp1055-1058 (2009)

差分法におけるTSP音源を用いたインパルス応答解析手法の詳細検討

鶴秀生, 岩津玲磨 1)
1)東京電機大学
日本音響学会2009秋季研究発表会講演論文集, pp663-666 (2009)

時間領域差分法を用いた木琴の数値計算手法の検討

鶴秀生
電子情報通信学会技術報告 Vol 109, No.100, pp97-102 (2009)

音響設計のための時間領域差分法の高精度化

鶴秀生, 岩津玲磨 1)
1)東京電機大学
京都大学数理解析研究所講究録 No.1645, pp177-188 (2009)

波動音響解析による音響設計支援

鶴秀生、佐竹康
音響技術 No.148 pp51-55 (2009)

統計解析手法による航空機騒音識別について

森尾謙一, 忠平好生, 山下晃一, 大橋心耳, 松井利仁 1)
1)京都大学・工
日本音響学会騒音振動研究会資料, N-2009-73 (2009)

厚木飛行場周辺における航空機騒音予測検討

小橋修,篠哲也,山下晃一,清水康雄 1),佐野藤治 1),浅井哲 1)
1)東京都環境局
(社)日本騒音制御工学会2009年秋季研究発表会講演論文集, pp101-104 (2009)

pu-プローブを用いた自由音場法による音響材料の吸音率測定 -数値解析と実験による球面波補正に関する検討-

廣澤邦一, 中川 博, 金 誠, 山本亜樹
自動車技術会2009年春季大会学術講演会前刷集, No.11-09 (2009.5)

pu-プローブを用いた自由音場法による音響材料の吸音率測定 -その4 垂直入射に対する球面波補正に関する検討-

廣澤邦一, 中川博, 金誠, 山本亜樹
日本音響学会2009年秋季研究発表会講演論文集 (2009.9)

Investigation of absorption coefficient measurement of acoustical materials by boundary element method using particle velocity and sound pressure sensor in free field

Kunikazu Hirosawa, Hiroshi Nakagawa, Makoto Kon and Aki Yamamoto
Acoust. Sci. & Tech., 30(6), 442-445 (2009)

■ 海外発表

FE Modeling Scheme using Experimentally Measured Acoustic Impedance for Sound Proof Package

Hiroko Tada 1), Kunikazu Hirosawa, Hiroshi Nakagawa, Makoto Kon, Aki Yamamoto, Kazuhito Misaji 1), Youichi Kamiyama 1) and Fumihiko Ide 1)
1) Honda R&D Co., Ltd SAE World Congress & Exhibition, April 2009, Detroit, MI, USA,
Session: Virtual Design and Engineering (Part 2 of 2)

Comparison of three measurement techniques for normal absorption coefficients in free field method

Kunikazu Hirosawa, Hiroshi Nakagawa, Makoto Kon and Aki Yamamoto
The 16th International Congress on Sound and Vibration, Krakow (2009.7)

A simple method avoiding non-uniqueness in the boundary element method for acoustic scattering problem

Kunikazu Hirosawa, Takashi Ishiduka 1), Kyoji Fujiwara 2)
1) Institute of Technology, Shimizu Corporation
2) Faculty of Design, Kyushu University
J. Acoust. Soc. Am., 125(5), 2838-2846 (2009)

Comparison of three measurement techniques for the normal absorption coefficient of sound absorbing materials in the free field

Kunikazu Hirosawa, Kazuhiro Takashima, Hiroshi Nakagawa, Makoto Kon, Aki Yamamoto and Walter Lauriks 1)
1) Laboratorium voor Akoestiek en Thermische Fysica, Katholieke Universiteit Leuven
J. Acoust. Soc. Am., 126(6), 3020-3027 (2009)

Porous materials FE modeling scheme using experimentally measured acoustic impedance for predicting panel sound radiation

Hiroko Tada, Youichi Kamiyama, Fumihiko Ide and Kazuhito Misaji 1), Kunikazu Hirosawa, Hiroshi Nakagawa, Makoto Kon and Aki Yamamoto
1) Honda R&D Co., Ltd
SAE International Journal of Materials & Manufacturing, 2(1), 362-367 (2009)

ページのトップへ戻る