詳細検索

ホーム > 会社案内 > 2004年 技術発表・論文投稿リスト

2004年 技術発表・論文投稿リスト

■ 国内発表

放送スタジオにおけるUPS 騒音の電気的ANC

田中菜津, 中島弘史, 忠平好生, 崎山安洋, 河内博司1), 前川秀行1), 宮下弘靖1)
1)NHK・放送技術局
日本音響学会2004年春季研究発表会講演論文集, pp525-526 (2004)

各種多孔質材料の音響特性 -(第35 報)材料Tortuosity の測定-

中川博, 山口道征1)
1)ブリヂストン
日本音響学会2004年春季研究発表会講演論文集, pp799-800 (2004)

各種多孔質材料の音響特性-(第36 報)音響管の不連続が音響特性に及ぼす影響について-

中川博, 加藤大輔,1) 河井康人2), 山中高章, 山口道征3)
1) 豊和繊維工業
2) 関西大学
3)ブリヂストン
日本音響学会2004年春季研究発表会講演論文集, pp801-802 (2004)

任意配置のマイクロホンアレイによる非線形ビームフォーミング

中島弘史
日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集, pp623-624 (2004)

反射板設計における境界要素法とKirchhoffの近似の数値比較

鶴秀生, 長倉清1)
1) 財団法人鉄道総合技術研究所
日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集, pp867-868 (2004)

球バッフルマイクロホンを利用した騒音測定方法の検討(1)

田中菜津, 忠平好生, 山下晃一, 大橋心耳
日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集, pp861-862 (2004)

球バッフルマイクロホンを利用した騒音測定方法の検討(2)

忠平好生, 田中菜津, 山下晃一, 大橋心耳
日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集, pp863-864 (2004)

分散振動モード形スピーカの近距離音場測定

澤田泰輔1), 河原一彦2), 鶴秀生
1)(株)アモネット
2)九州大学
日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集, pp867-868 (2004)

各種多孔質材料の音響特性 -(第39 報)音響管の不連続が音響特性に及ぼす影響について・その2-

山中高章, 中川博, 山口道征1)
1)ブリヂストン
日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集, pp987-988 (2004)

航空機騒音の評価尺度の問題点-成田空港周辺の測定データによる検討-

平松幸三1), 松井利仁1), 林直樹2), 森田巌2), 山下晃一, 大橋心耳
1)京都大学大学院
2)成田市役所
日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集,pp13-16(2004)

航空機が着陸時に発する特異音について

山下晃一, 忠平好生, 大橋心耳, 森田巌1), 林直樹1)
1)成田市役所
日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集, pp939-940 (2004)

成田空港周辺におけるWECPNLと等価騒音レベルの実測及び検討

林直樹1), 森田巌1), 矢野博夫2), 子安勝2), 山下晃一, 大橋心耳
1)成田市役所
2)千葉工大
日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集, pp17-20 (2004)

移動音源により生成された音場のフーリエ変換を用いた解析とその誤差の検討

中島弘史, 鶴秀生, 緒方正剛1)
1)独立行政法人交通安全環境研究所
日本音響学会誌 Vol.60 No.12 p717-726 (2004)

■ 海外発表

Minimum sidelobe beamforming based on Mini-Max criterion

H.Nakajima, N.Tanaka, H.Tsuru
Acoust. Sci. & Tech. Vol.25, No.6, pp486-488 (2004)

Finite defference method analysis in time domain of rail vibration through implicit scheme

H.Tsuru, T.Yamanaka, M.Takikawa(East Japan Railway)
ICSV11 (2004)

ページのトップへ戻る