詳細検索

ホーム > 業務紹介 > 航空機騒音 > 航空機騒音自動測定装置 > 自動測定装置DL-100 > 電波識別について

電波識別について

独自の電波測定技術により精度の高い自動測定を実現します

航空機接近検知識別装置RD90センサ

航空機が発する特有の電波に着目し、その電波の強さと騒音レベルを対比させることで、高い精度で航空機騒音の自動測定を実現します(電波識別方式)。 この技術により無人で測定された、航空機以外の騒音を数多く含むデータの中から自動で航空機騒音だけを抽出できます。 複数の場所に設置された自動測定器のデータ処理を集約することで、航空機一機毎の飛行形態を把握し、更に高精度な自動化をすることが可能です。

電波識別方式には様々なメリットがあります

・気象条件や周辺環境に左右されることなく、航空機が識別できます。
・受信した電波を解析することで、航空機の高度変化が確認できます。
・電波の分析結果から航空機の個体識別情報を得ることができます。

おすすめの記事

■ 業務紹介

■ 技術ニュース

おすすめの記事

■ 業務紹介

■ 技術ニュース

建築音響 個人向け音響室 自社ブランド音響製品 音響試験・測定 騒音対策 航空機騒音 販売終了製品・サービス
ページのトップへ戻る