詳細検索

ホーム > 業務紹介 > 建築音響 > コンサルティング > 音響コンサルティング > 集合住宅

集合住宅

集合住宅の音響コンサルティング

集合住宅(マンション)について、計画時の騒音・振動測定、窓の遮音検討、地下鉄騒音の検討、工事騒音・振動の測定、竣工測定、クレーム測定(騒音問題)まで、あらゆるフェーズで音響コンサルティング(音響測定、音響設計)を行っています。
ここでは、我々がご提供しているサービスについてご紹介致します。

計画時の道路騒音(自動車騒音)測定、鉄道騒音(電車騒音、列車騒音)測定

バルーンを用いた騒音測定

集合住宅(マンション)を設計する際、計画地の近くに幹線道路や高速道路、鉄道がある場合には、窓(サッシ)の遮音性能を検討する必要があります。 遮音検討のためには音源の音の大きさ(騒音レベル)を把握しなければならないので対象となる道路や鉄道の騒音を測定します。

騒音伝搬(騒音分布)のコンピュータシミュレーション

コンピュータシミュレーションを用いた騒音分布の予測

計画建物の形状が複雑な場合や計画建物と騒音源の位置関係が複雑な場合、距離減衰の補正だけでは正確な予測が出来ません。そういった場合、私たちはコンピュータシミュレーションを用いて検討を行います。
シミュレーションソフトは弊社が独自に開発したもので、直接音の影響だけでなく、反射音や回折音の影響までを考慮して計算することが出来ます。

窓(サッシ)の遮音検討

周波数帯域ごとの値を考慮した遮音の計算

弊社で測定した道路騒音や鉄道騒音の測定結果をもとに窓(サッシ)の遮音検討を行います。
デベロッパーにより、室内騒音の目標値や計算方法が決まっている場合がありますので、各社の仕様に応じて検討を行います。
遮音検討の際、想定されるサッシメーカーの周波数ごとの遮音性能のデータを用いて計算することで、よりきめ細かい検討を行います。
遮音性能が高い窓(サッシ)を用いる場合、換気レジスターからの音漏れも無視できませんので、防音タイプの換気レジスターを採用することになります。
最近の窓(サッシ)は断熱性能を高めるためペアガラスが採用されますが、ガラスが二重になっているからといって遮音性能が良いというわけではありませんので、遮音検討を行うことが重要となります。

計画時の地下鉄振動測定

多チャンネルデータレコーダによる振動測定

計画地の近くに地下鉄が通っている場合には、地下鉄による固体音の影響を検討する必要があります。
固体音検討のためには振動の大きさを把握しなければならないので、計画地の地盤、もしくは既存建物内で地下鉄の振動を測定します。

地下鉄振動による固体音の検討

周波数帯域ごとの値を考慮した地下鉄騒音の計算

弊社で測定した地下鉄振動の測定結果をもとに地下鉄振動による固体音(地下鉄騒音)の検討を行います。
デベロッパーにより、地下鉄の固体音の目標値が決まっている場合がありますので、その目標値を満足するかどうか計算します。計算方法は文献などの計算式や弊社の過去のデータを考慮して検討を行います。
目標値を超えている場合は、地中の基礎部分に防振材の施工が必要かどうか検討を行います。

測定した値を騒音規制法や振動規制法の規制値と比較して報告書を作成いたします。

騒音規制法・振動規制法に準拠した測定と分析

工事中における建設作業騒音建設作業振動を騒音規制法に基づいて測定致します。
対象とする騒音や振動の発生状況により分析方法が異なるため、基本的に現場でデータレコーダに記録し、後日発生状況を確認の上分析方法を検討し解析します。
測定した値を騒音規制法や振動規制法の規制値と比較して報告書を作成いたします。

竣工測定

特記仕様書に表記された竣工測定の実施

集合住宅(マンション)の音響に関する竣工測定は主に以下の項目が挙げられます。
これらの測定項目についてJISに準拠して測定を行います。
室間音圧レベル差測定
隣戸間や上下間の住戸の空気音による遮音測定
床衝撃音レベル測定
上下間の住戸の床衝撃音の測定
環境騒音測定
道路や鉄道に対する室内騒音の測定
設備騒音測定
エントランスの自動ドア、機械式駐車設備などに対する室内騒音の測定
生活騒音測定
エントランスの歩行などに対する室内騒音の測定

建築音響 個人向け音響室 自社ブランド音響製品 音響試験・測定 騒音対策 航空機騒音 販売終了製品・サービス
ページのトップへ戻る