詳細検索

ホーム > 業務紹介 > 建築音響 > コンサルティング > 音響コンサルティング > スタジオ

スタジオ

音響設計のフローチャート例

「スタジオ」と言っても録音スタジオ、映像編集スタジオ、音声編集スタジオ、テレビスタジオ、ラジオスタジオなど様々なタイプがあります。
テレビ局にはこれらのスタジオを含んだ多くの音響諸室があり、スタジオ機能のフルコースと言えます。テレビ局を例に音響設計がどう進められるのかフローチャートで説明します。

テレビ局を例にした音響設計フローチャート

音響設計(1)

  1. 室の配置計画
    必要とする室の数と面積の確保,スムーズな動線計画,室相互を繋ぐ効率的な通線計画
  2. 遮音計画
    1. 検討対象室の抽出と室内騒音の目標値の設定
    2. 騒音伝搬経路毎の音源発生音の大きさの設定<既知のデータ収集or実測>
    3. 防音建具(扉・窓・シャッター)の仕様選定
    4. 防振計画・床衝撃音対策(固体伝搬音)
  3. 室内音場計画
    1. 室形状・室寸法の検討
    2. 目標とする音場のコンセプト作り
  4. 電磁シールド計画
    電磁シールドのグレード設定。シールド材料の選定。施工方法の検討。

音響設計(2)

  1. 空調設備設計
  2. 電気設備計画
  3. その他設備機器の騒音・振動対策
  4. 音響仕様の具体化
  5. 施工図チェック

施工段階でのチェック

  1. 施工状況の音響チェック
  2. 施工途中での音響性能のチェック(中間時音響測定)

竣工時の検査

  1. 竣工時の検収測定工事終盤の写真音響設計時の目標が達成されているかを確認する。
  2. 音響調整

竣工・引渡し

  1. 報告
  2. 引渡し(オープン)後の使用状況の確認

今後の設計に生かすためのデータ整理

建築音響 個人向け音響室 自社ブランド音響製品 音響試験・測定 騒音対策 航空機騒音 販売終了製品・サービス
ページのトップへ戻る