詳細検索

ホーム > 業務紹介 > 建築音響 > コンサルティング > 音響コンサルティング > その他

その他

音楽ホール・劇場のコンサルティング

事前の騒音測定の風景施主、設計事務所、施工会社と協議しながら行う、ホールの用途に応じた音響コンサルティングサービスです。音響設計技術を軸に、事前の測定から基本設計・実施設計時の音響検討、施工時の音響施工管理、音響測定まで幅広いサービスを総合的に提供します。 まず、ホールの目的に応じた静けさ(NC値)を設定し、実態に応じた必要な遮音・防振構造を計画します

室内音場シミュレーション画像次に室内音場の計画では、ホールの目的に応じた残響時間目標値を設定し、内装材の選定、吸音反射の割付、拡散形状の検討などを行います。

竣工音響測定の写真工事途中には中間音響測定を実施して、設計当初の音響スペックが確保されているかどうかの確認を行い、改善が必要な場合は是正方法を検討し、対策後に再測定を行います。竣工時には音響測定を行い、最終的な音響性能の確認を行います。

体育館・講堂のコンサルティング

体育館の残響時間測定の風景体育館はスポーツ・運動を行うため、ボールや人がぶつかっても壊れないよう硬い材質の仕上げ材が主に用いられるので残響時間が長くなる傾向にあります。そのため、運用に支障なく残響を低減するための対策の立案を行います。

会議室・教室のコンサルティング

会議室イメージ写真会議室や教室では、「響き過ぎて話が聞き取れない、明瞭に聞こえない」、「廊下や隣室の声が聞こえる、廊下や隣室に声が漏れる」などの音の問題を解決するプランを提示します。また、室内音響シミュレーションを行うことで、仕様の違いを聴感で確認して頂くことも可能です。

楽器練習室のコンサルティング

ピアノ練習室の計画図建築音響設計・意匠デザインから施工・音響調整まで、トータルなサービスを提供します。  楽器練習室を計画する場合、室内の響きだけでなく、周囲への影響に配慮した防音・防振計画が必要です。ジャンルや発生音の大きさを予測し、適切な防音・防振仕様を提案します。

建築音響 個人向け音響室 自社ブランド音響製品 音響試験・測定 騒音対策 航空機騒音 販売終了製品・サービス
ページのトップへ戻る