詳細検索

ホーム > 業務紹介 >  オーディオルーム・楽器練習室 >  柱状拡散体 Acoustic Grove System Q&A

柱状拡散体 Acoustic Grove System Q&A

<AGS(SYLVAN・ANKH)に戻る

Q:SYLVAN、ANKH製品の自宅試聴は可能ですか?

A:最寄りのSYLVAN・ANKH取扱店にご相談下さい。取扱店は試聴可能な店舗一覧をご参照下さい。

Q:SYLVAN、ANKHの価格を教えて下さい。

A:最寄りのSYLVAN・ANKH取扱店にお問い合わせ下さい。取扱店は試聴可能な店舗一覧をご参照下さい。

Q:SYLVANやANKHはどこに置いたら効果がありますか?

A:SYLVAN、ANKHは対向する壁面が及ぼす定在波や壁面反射音が惹き起こす位相干渉の低減に効果を発揮しますので、一般的には定在波を生じている壁面や、スピーカーあるいは試聴位置に近い壁面の一次反射位置近くに配置していただくと効果がありますが、実際にはお部屋の環境、スピーカー位置、お使いいただいているオーディオ製品によっても異なりますので、実際に聴きながら設置位置を調整されることをお薦めします。

Q:デッドな(ライブな)部屋ですが、効果がありますか?

A:上記のように定在波や位相干渉を低減しますので、デットでもライブでも効果を発揮します。ライブな部屋では音像の見通しが良くなりますし"ブーミー"の解消にも効果があります。一方、デッドな部屋では楽音の厚みや音場の奥行感が増し、より一層リアルになります。

Q:SYLVANやANKH製品には数種類のラインナップがありますが、どれを選ぶべきですか?

A:現状のお部屋の音場の課題によってお選び下さい。定在波、ブーミーなど低域に課題がある場合はコーナーANKH、ANKH、AGS等、奥行寸法の大きいものの方がより効果を発揮します。これは、低域の音波ほどその波長が長いからです。これらの製品は低域だけでなく、中高域にも効果があります。ANKH-III、IV、Vといった小型製品はどちらかというと中~高域で効果を発揮します。音声帯域の歪感、ざらつき感、飽和感を解消してくれます。SYLVANはその中間で中低域から高域まで効果があります。
音楽・放送業界向け 建築業界向け 自動車・輸送機器業界向け 家電・電機・設備機器業界向け 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る