詳細検索

ホーム > 業務紹介 >  航空機騒音測定 >  航空機の通過状況を分析

航空機の通過状況を分析

特許技術で航空機の最接近時刻を捉えます

航空機が自機の高度を確認するために発する電波を受信して、航空機の通過状況を把握できます。航空機が騒音測定地点に最も近づいた時刻を自動で算出できるため、自動測定の精度が向上します。 この技術は特許 (工業所有権:航空機の至近点通過時刻等の測定方法) となっており、現在販売中の全ての航空機騒音測定器に標準機能として搭載されています。

より詳細に航空機の通過状況を把握

より高度なセンサーを利用して機能追加すれば、航空機が最接近した時刻に加え、航空機の通過位置及び通過方向が方向が把握できます。

おすすめの記事

■ 業務紹介

■ 技術ニュース

おすすめの記事

■ 業務紹介

■ 技術ニュース

音楽・放送業界向け 建築業界向け 自動車・輸送機器業界向け 家電・電機・設備機器業界向け 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る