ホーム > 製品・サービス一覧 > 航空機騒音測定 > 分析の負担を軽減

分析の負担を軽減

長年の経験に基づいたデータ分析ソフトウェア

航空機騒音の集計・分析作業には多くの労力と習熟が要求されることから、担当者の負担は大変大きくなってしまっているのが現状です。

集計システムに標準インストールされている分析用ソフトウェアは私たちがこれまで行ってきた幾多の航空機騒音データ分析の経験に基づき作られています。分析を行う上で必要となる情報が整理されて見やすく配置されているので、直感的に操作できることはもちろん、手間をかけることなく効率的にシステム運用いただけます。

効率的な集計・分析を可能とする航空機騒音集計システムの最も基本的な構成は、普段オフィスでご利用されているパソコンに基本ソフトウェアをインストールするのみです。
作業を支援する主な特徴は以下の通りです。

  • 使い易いGUIで集計対象となる航空機騒音データの選別を効率化
  • 選別作業を支援する測定データの視覚化(グラフ表示)
  • 測定データのリストと連動した実音聴取機能
  • 市販の表計算ソフトのファイル形式で出力される各種帳票(日報、月報、年報など)

より高度な効率化によってコスト削減

毎日自動で測定・蓄積されていくため、膨大な量になりがちな分析対象データの中から、人の手による分析が必須であるデータのみをシステムが抜き出し、提示してくれます。 このようなシステムによる高度な分析を行うことで、航空機騒音に精通していない担当者が分析を行った場合でも、熟練した分析員と同程度に高い精度の分析結果を得ることができるようになるため、コストの削減と高精度な分析結果の両立が実現可能です。

影響が大きいデータを優先

全てのデータを順番に分析するのではなく、その日1日の航空機騒音測定結果に与える影響が大きいデータから順番に分析を行うことで、大きな誤りが集計結果に混入してしまうことを効率的に防ぐことができます。

統計手法による効率化

過去に人の手で分析された航空機騒音データを統計的に処理して航空機騒音の予測モデルを作り、1データごとに予測モデルと比較を行うことで、そのデータが航空機騒音であるかどうか、確率を求める手法です。

音楽・放送 建築 自動車・輸送機器 家電・電機・設備機器 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る