ホーム > 製品・サービス一覧 > 航空機騒音測定 > 航空機騒音集計システム

航空機騒音集計システム

航空機騒音の集計・分析作業をトータルサポート

航空機騒音集計システムの写真

航空機騒音測定の目的は、環境基準達成状況の監視、騒防法に基づく騒音区域の把握をはじめとして多岐にわたりますが、いずれにしても測定データを集計・分析し、結果を取りまとめる作業が不可欠です。航空機騒音集計システムは、人手を要する測定データの管理及び集計・分析作業の効率化・自動化を実現します。騒音監視の目的や規模に応じて、パソコン1台のシステムから複数のコンピュータで構成される大規模なシステムの構築まで幅広くサポートいたします。

測定装置とオンラインで接続してデータ回収&リモート監視

航空機騒音の測定データは、装置が設置されている地点に足を運び、直接USBメモリ等で回収するのも一つの手段ですが、年間を通した常時監視を行う場合、また観測点数が多い場合には、回収に手間や時間を要します。 弊社の自動測定装置(DLシリーズ)は、標準でLANインターフェースを備えており、通信回線(VPN回線、公衆回線、モバイル通信網等)に応じた機器を付加することで、簡単にオンライン化することが可能です。これによりデータ回収にかかる手間を大幅に省力化できるだけでなく、オフィスに居ながら遠隔地に設置された測定装置をリモート監視することが可能となります。 オンライン化は、常時観測点が100地点を越える大規模なシステムを可能にしますが、それに合わせて航空機騒音集計システムも集計に係る処理の負荷分散とフォールトレランスを考慮したデータの管理が要求されてきます。弊社では、システム全体の規模に応じて、1台のパソコンによる小規模システムから複数のサーバによる大規模システムまで最適なソリューションを提案させていただいております。

「運航実績」との照合により騒音影響に対する高度な分析を実現

運航実績照合の説明図

空港運営サイドでは、航空管制上必要な情報として「運航実績」を管理しています。これには空港における航空機の発着時刻、便名、出発地及び到着地、飛行目的、機種、会社などが含まれており、測定された航空機騒音データと照合することにより、以下のような騒音影響に対する種々の分析が可能となります。
・対象空港離着陸機による航空機騒音の抽出
・離着陸別の騒音影響分析
・機種別の騒音影響分析
本システムでは、ユーザ様の目的やご要望に応じて「運航実績」と航空機騒音の照合による様々な分析機能を実装・サポートいたします。

離着陸滑走路判定システム(DL-TLS)との連携による集計処理の完全自動化

DL-TLSとの連携の説明図

弊社は、騒音影響評価に必要な情報を含む「運航実績」を自動計測する離着陸滑走路判定システム(DL-TLS)を開発・提供しています。DL-TLSの測定データを集計に利用することで、空港運営サイドから「運航実績」の提供を受けなくても騒音影響分析が可能となるだけでなく、一般に「運航実績」に含まれない滑走路運用情報を用いた滑走路運用別の集計等さらに高度な分析も可能となります。本システムとDL-TLSとの連携により、航空機騒音の測定から集計・分析までの処理を一貫して完全自動化します。

ユーザニーズに応じた柔軟なカスタマイズ

本システムは、ユーザ様の目的やご要望に応じて以下のような様々なカスタマイズやサービスを提供させていただいております。

  • 各種帳票の報告様式の変更、ならびに集計・作表機能の追加
  • 他社製航空機騒音測定器の統合や過去の測定データの変換
  • 気象等関連データの集計及び作表機能の追加
  • 情報公開(インターネット配信等)の技術提案ならびに運用支援

データ共有、集計システム統合による効率化を支援

一般に、空港/飛行場周辺では複数の自治体により航空機騒音の監視が行われています。各自治体が測定装置、ならびに集計システムを維持・管理している場合がほとんどですが、騒音コンターの監視など一部の目的においては、地域境界を超えて測定データを総合的に評価したいケースも少なくありません。 弊社では、自治体間で一つの常時監視局の測定データを共有する(データ共有)、あるいは航空機騒音集計システムを複数の自治体で一元化する(集計システム統合)ことによる効率化を支援し、必要な技術のご提案ならびに運用サポートを行っています。

技術ニュース
音楽・放送 建築 自動車・輸送機器 家電・電機・設備機器 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る