ホーム > 製品・サービス一覧 > 航空機騒音測定 > 航空機騒音自動測定装置

航空機騒音自動測定装置

測定をする立場から開発された航空機騒音測定器

航空機騒音自動測定装置DLシリーズは、騒音測定をする立場から生まれたシステムです。航空機騒音に精通したエンジニアが、騒音測定をする立場で得た経験・技術を基に開発、高い測定精度を実現します。環境省告示の「航空機騒音測定評価マニュアル」に準拠しており、測定データはLden およびWECPNLに対応しております。常時監視型(固定局)と可搬型(移動局)をベースに、お客様のご要望に応じて、様々なカスタマイズも可能です。

高い測定精度を実現する、航空機騒音自動測定装置「DLシリーズ」の特徴

電波による航空機識別技術


航空機騒音の自動測定は、測定したデータが「航空機騒音か否か」の判別が不可欠です。弊社の「電波による航空機識別技術」により、弊社独自の高い識別精度により、測定からデータ処理までの一連の作業をデータの精度や信頼性を損なうことなく自動化、省力化することができます。

「航空機騒音を取り逃さない」という設計思想

測定記録の条件に満たない航空機騒音であっても、騒音測定データを記録することはもちろん、電波識別情報も同時に記録し、航空機騒音かどうか疑わしいあいまいな騒音データも取り逃しません。また、実音レコーディング機能を内蔵しており、騒音の信号波形(実音)を録音することができます。
これらのデータを弊社製集計プログラムで処理することにより、航空機騒音と暗騒音との差があまりない地点での測定データであっても航空機騒音の特定が可能となります。

その他にも・・・
・電源ONで自動的に測定を開始するので、停電時にバッテリー切れで完全停止した状態でも復電時には自動復旧します。
・初めて使う方にも安心!視認性に優れた大型タッチパネルにより設定操作はとてもカンタンです。画面を直接操作して設定やデータの閲覧ができます。
・弊社独自技術の音響方式による「音源探査識別装置」を追加することで航空機騒音に重畳する「かぶり音」の自動判定が可能です。
・ご要望に応じてカスタマイズも可能です。まずはご相談ください。

「24時間365日の常時監視」-固定局

24時間365日測定に耐えうる機能を備えた、常時監視局(固定測定局)です。機器構成として、騒音測定装置本体に市販のハンディタイプの騒音計や弊社製「航空機接近検知識別装置」、さらにデータ通信機器や停電補償用バッテリーなどを接続し、キャビネットラックに据え付けられます。 キャビネットラックは設置場所にあわせて、屋内用・屋外用いずれも対応可能です。

固定局一般仕様

「短期間の多点測定に最適」-移動局

航空機騒音測定の現場に携わるお客様の声を元に、「現場での悩み」を解決できるよう、常時監視局の測定機能・精度を維持しつつ、小型軽量化・低消費電力化・設営撤収の省力化を実現した移動測定局です。
測定器本体はトランクケースにコンパクトにまとまった形となっており、運搬にかかる労力を低減します。また、設置する場所も省スペースで済みます。センサケーブルには、マイクロホン、識別装置、電波時計など複数のセンサ用ケーブルをひとつにまとめた「マルチケーブル」を採用し、現場設置・撤収にかかる手間を大幅に減らすことができ省力化に貢献します。

移動局一般仕様

技術ニュース
音楽・放送 建築 自動車・輸送機器 家電・電機・設備機器 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る