無響室

無響室とは

無響室(無響音室と呼ばれることもあります)とは、自由音場の条件を実現するために、壁、天井、床を高い吸音性に仕上げた実験室です。自由音場の条件とは、簡単に言えば壁面等の反射音の影響を受けず、音源から放射された直接音だけが観測される、屋外空間のような音環境であることを意味します。歴史的には、マイクロホンやスピーカの特性の測定、騒音計などの感度校正、各種音源の音響パワーレベルの測定等がその典型的な利用方法でした。現在ではこれらの用途に加えて、自動車や複写機などの放射音の測定や聴感実験など、広範囲で使われるようになっています。
弊社は、お客様のニーズに応じた無響室の設計・施工から、使用する測定システムまでトータルなご提案をさせていただきます。

無響室の設計

無響室の仕様のポイントとして、
(A) 完全無響室・半無響室の選択
(B) 吸音層の決定
があげられます。

(A) 完全無響室・半無響室の選択

無響室には、床も含めた室の6面が全て吸音仕様の「完全無響室」と床のみが反射性の「半無響室」があります。完全無響室は、音声や騒音の研究開発全般、マイクロホンやスピーカの特性の測定、測定機器の校正が主な用途です。一方、半無響室は床面がハードなため、測定時には床が反射面であることに留意(もしくは利用)することが必要になります。

(B) 吸音層の決定

低周波域からの測定が要求される場合は室自体も大きく、吸音層は低周波域まで高い吸音率を持つ吸音楔(くさび)の利用が一般的です。逆に比較的高周波域を対象とし、近接した測定に限定される場合には、低コストなものをご提案できます。
弊社では、音響材料の測定及び評価についての研究開発に注力しており、その成果は無響室の内装設計にも生かされています。写真は弊社音響研究所の無響室で、床の吸音構造を取り外すことで完全無響室から半無響室に変換できるようにしたものです。

完全無響室の写真

完全無響室

半無響室の写真

半無響室

音響パワーレベル測定のための無響室

音響パワーレベルの測定は完全無響室でも半無響室でも可能ですが、昨今では半無響室の利用が主流です。音響パワーレベルの測定は機器を取り囲むようにマイクロホンを配置し、非定常な動作音に対応するため、複数の測定点で同時に測定します。弊社ではマイクロホントラバースを用いた自動測定システムで、精密かつスピーディな評価のお手伝いをいたします。

音質評価のための無響室

無響室内では製品の動作音の比較試聴や主観評価を定量化するための音響心理実験が計画されることもあります。弊社では無響室に加えて、聴感実験システム「真耳」音響心理評価実験のコンサルティングサービスも提供しています。

非常に小さな音を対象にした無響室

高性能な無響室の写真 昨今、無響室で測定、評価する音の大きさが非常に小さいケースが増えてきました。通常のマイクロホンでは自己雑音の影響で正確な測定ができないくらい静かな無響室の実現が要求されることもあり、通常以上に高度な防音・防振構造と空調換気設備の設計が求められます。弊社では、国内有数の低暗騒音レベルを誇る無響室(暗騒音レベルが0dBA未満)を施工した実績があり、立地条件を十分に検討した上で皆様のニーズに沿ったベストなご提案をさせていただきます。

特殊設備を有する無響室

空調機器メーカーの特殊無響室の写真 電機・設備メーカーにおいては特殊な無響室が必要とされる場合があります。例えば空調メーカーの場合、室外機と室内機を同時に運転し計測するために無響室2室がペアになったものや、急激な温度変化を与える特殊空調設備を備えたものが計画されることもあります。どのようなご要望であっても、社内外のリソース、ネットワークを最大限に活用し、ユーザビリティの高い無響室をご提供いたします。
写真の無響室は多様な音響測定を見据えるため、コンクリート製の自動式スライド反射床により完全無響室と半無響室を切り替えることができます。
弊社では、試験機器の制御も含めた測定システムの設計・製作を、カスタム仕様でお受けすることも可能です。

技術ニュース
音楽・放送 建築 自動車・輸送機器 家電・電機・設備機器 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る