ホーム > 製品・サービス一覧 > 建築 > 試写室・映画館

試写室・映画館

試写室と映画館

音声制作フロー 試写室(ダビングステージ)は、映画の製作過程において、映画館以上のハイレゾリューションなシステム機器による映像・音響の最終検定を行う空間であり、作品の持つ映像の解像度やコントラスト、音響のダイナミックレンジを忠実に再現できなければなりません。システムの性能をフルに発揮するためのハイスペックな音場設計技術により、色づけのないクリアなモニター環境を構築し、最上級の試写空間をご提供いたします。

試写室の音響検討

試写室の作品例

意匠デザインは基より、上質な試写環境の実現のために、

  • 大音量による騒音振動が室外に漏れないハイグレードな遮音構造
  • 客席部に対して、大音量での振動を絶縁するための対策
  • 映画館用ホーン型スピーカのパワーをフルに発揮するためのセッティング・ノウハウ
  • 低音域でのこもりを無くし、高音域までバランスの良い周波数特性と、音の繋がりの良いサラウンド音場を再現するための音響内装
  • 高輝度、高解像度の映写に十分配慮したスクリーンと映写窓廻りの設計ノウハウ

などの技術を導入し、最終的にはシステムの調整を含め、ヒヤリングによる音響調整を実施し、お客様のニーズにお応えします。

映画館の音響検討

シアターの写真 昨今の映画館は複数スクリーンを持つ大型映画館=シネマコンプレックス(シネコン)が主流で、ライブハウスに負けないくらいのスピーカシステムを設備を常備し、110dBを超える大音量が上映音として出すことがあります。
そのため、そのような大音量に対しても周囲に影響を及ぼさない遮音性能の実現が不可欠になります。
そのようなシアターが隣り合った場合お互いのシアターの隔壁をホールやライブハウスのような‘完全浮構造’を採用することが望ましいのですが、コスト的に採用が困難な場合もあるため、いかに効率的・経済的に高い遮音性能を確保するかが重要なテーマとなります。
弊社では、数十件に及ぶシネコンの音響コンサルティングの実績から得たノウハウと、コンサートホールなどのハイグレードな大規模音響建築を設計・施工してきた技術を合わせて、コストパフォーマンスの高いシネコン音響設計と施工をご提供いたします。

技術ニュース
音楽・放送 建築 自動車・輸送機器 家電・電機・設備機器 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る