詳細検索

ホーム > 製品・サービス >  建築 >  垂直入射吸音率測定システム WinZacMTX

垂直入射吸音率測定システム WinZacMTX

<音響材料特性測定システムに戻る

垂直入射吸音率測定システム WinZacMTX

垂直入射吸音率測定システム一式

垂直入射吸音率測定システム WinZacMTXは、音響管を用いた垂直入射吸音率および垂直入射透過損失の測定をWindowsベースのPCで実現します。測定には高性能オーディオインターフェイスを使用し、ソフトウェアで全ての分析器を構成しており、FFTアナライザなどの専用ハードウェアは不要です。

各種規格に準拠

2マイクロホンWinZacMTXは、ISO 10534-2、ASTM E1050、JIS A 1405-2(吸音率)、ASTM E2611(透過損失)に準拠した測定を行います。

アナライザなど、特別なハードウェアは不要

システム構成図測定・分析は、高性能オーディオインターフェイスをフロントエンドとする、Windows上のソフトウェアで全て実行可能。特別な専用FFTアナライザ、ノイズジェネレータは必要ありません(※1)。
※1:パワーアンプ、マイクロホンアンプは必要です。

豊富な測定可能音響特性

垂直入射吸音率や垂直入射透過損失をはじめ、伝達関数、複素音圧反射率、(基準化)比音響インピーダンスの測定をサポート。また、材料の局所作用を仮定したランダム入射吸音率の推定も可能です。
さらに、2種類の背後空気層での測定(two cavity method)を行うことにより、多孔質材料の特性インピーダンス、伝搬定数、実効密度、体積弾性率の推定が可能です。

垂直入射吸音率

垂直入射吸音率

ランダム入射吸音率

ランダム入射吸音率

特性インピーダンス

特性インピーダンス

主要な周波数帯域を1つの音響管で測定

弊社の音響管では主要な周波数帯域(100Hz~5000Hz)を、単一の音響管を用いて一度に測定することができます。異なるサイズの音響管とサンプルによる複数回の測定の必要がないため、データの不整合が起こらず、サンプルの用意(切り出し)や測定にかかる工数も大幅に削減できます。

高周波帯域の測定に対応

内径15mmの音響管をオプションで用意し、測定上限周波数10kHzに対応します。

ソフトウェア、ハードウェア共に使いやすいインターフェイス

ソフトウェアは、もともと音響管計測に詳しくない初心者の方でも簡単に使用することができるようになっています。ハードウェアには、音響管のサンプル支持部に透明なアクリルを採用。サンプルの装着状態を測定中も目視で確認することができ、誤ったサンプル装着による測定ミスを大幅に低減します。

測定データ描画例

1/3オクターブバンドで垂直入射吸音率を表示

アクリル製サンプルホルダ

アクリル製のサンプルホルダ

様々なタイプの音響管が使用可能

標準の音響管とは別に、特別な仕様の音響管に変更した場合にも、音響管の断面形状や寸法など、ソフトウェア上での簡単なパラメータの変更により対応可能です。

4マイクロホン法による垂直入射透過損失測定の測定

垂直透過管サンプル支持部を透過損失測定用オプション管に置き換えることにより、ASTM E2611で規格化されたサンプルの垂直入射透過損失の測定ができます。

緩支持サンプルホルダにより、サンプルの板振動の影響を大幅に低減

独自に開発した緩支持サンプルホルダを用いることで、従来から問題となっている、サンプルの弾性による板振動が吸音率測定結果に及ぼす影響を大幅に低減することができます。

緩支持サンプルホルダ

緩支持サンプルホルダ

緩支持サンプルホルダ装着時

緩支持サンプルホルダ装着時

スペック

測定方法 伝達関数法(ISO 10534-2、ASTM E1050、JIS A 1405-2(吸音率)、ASTM E2611(透過損失)準拠)
音響管 本体:
  • 形状:円形
  • 内径:直径40mm (標準管)、直径15mm (高周波対応管)
  • マイクロホン間隔:30mm、50mm、80mm
標準試料支持部(サンプルホルダ):
  • 材質:アクリル製(透明)
  • 測定試料最長寸法:約140mm
垂直透過管(オプション):
  • 全長:最大600mm(200mm管3本連結)
  • 測定試料最長寸法:最大50mm
緩支持ホルダ(オプション):
  • 内径:42mm
  • 測定試料最長寸法:最大50mm
(ご希望によりそれぞれ変更可能です。ご相談ください。)
測定可能音響特性 反射法による測定:
  • 垂直入射吸音率
  • 伝達関数
  • 複素音圧反射率
  • 比音響インピーダンス
  • ランダム入射吸音率(推定値)
  • 特性インピーダンス
  • 伝搬定数
  • 実効密度
  • 体積弾性率
  • 垂直入射音響透過損失(推定値)
透過法による測定:
  • 伝達マトリックス
  • 垂直入射音響透過損失
  • 剛壁密着条件における垂直入射吸音率(推定値)
  • 比音響インピーダンス
  • 特性インピーダンス
  • 伝搬定数
  • 実効密度
  • 体積弾性率
測定可能周波数範囲 約100Hz~約5000Hz(狭帯域での計測、弊社音響管使用時(※2)、25℃)
(※2 測定可能上限周波数は音響管の形、内径によります。)
キャリブレーション(校正) マイクロホンスイッチングによる補正係数算出(ISO 10534-2、ASTM E1050、JIS A 1405-2(吸音率)、ASTM E2611(透過損失)準拠)
PC OS: Windows 7/8/8.1/10
オーディオインターフェース 音響計測に問題ない特性を備えたオーディオインターフェイス(推奨機器はご相談ください)
音楽・放送 建築 自動車・輸送機器 家電・電機・設備機器 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る