詳細検索

ホーム > 製品・サービス >  建築 >  音響測定

音響測定

建築物はその用途に応じて、室間音圧レベル差、床衝撃音レベル、室内騒音レベルの測定方法や評価方法がJISや日本建築学会により規定されています。また屋外については、環境基準や騒音・振動規制法等により、規制基準が定められています。

遮音性能測定・床衝撃音測定

建物について音を遮る性能を把握するための測定方法として遮音性能測定と床衝撃音測定がありますが、弊社は多くの測定実績を持ち、建物の竣工測定からクレーム発生時の測定など御依頼の内容に柔軟に対応致します。

騒音測定

日常の私達のまわりには様々な騒音あり、音の大きさはもちろんのこと、発生する状況、発生時間等は様々で、また何を目的に測定するかによって測定方法や分析方法が異なりますが、弊社では御依頼の内容に柔軟に対応致します。また、異音・不思議音に対する音源探査も行っています。

低周波音測定

低周波音の調査の御依頼を頂いた際には、苦情を訴えておられる方や低周波音の発生源だとされている方のお話を注意深くヒヤリングさせていただき、出来るだけ先入観を除外していろいろな可能性を視野に入れて調査の計画を御提案させて頂きます。

振動測定

日常の私達のまわりには様々な振動あり、振動の大きさはもちろんのこと、発生する状況、発生時間等は様々で、また何を目的に測定するかによって測定方法や分析方法が異なりますが、弊社では御依頼の内容に柔軟に対応致します。

室内音響測定

室内の音の響き具合や聞き取り易さを把握する方法として、残響時間・エコータイムパターン・音圧レベル分布・音声明瞭度など様々な測定がありますが、弊社では自社開発の室内音響測定システムを用い、御依頼の内容に柔軟に対応致します。
音楽・放送 建築 自動車・輸送機器 家電・電機・設備機器 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る