詳細検索

ホーム > 業務紹介 >  建築業界向け >  映画館

映画館

<音響コンサルティングに戻る

映画館・シネマコンプレックスの音響コンサルティング

京都シネマの写真

弊社ではシネマコンプレックス(複合映画館)、単独館、アート系のミニシアター計画などの音響コンサルティングを行っています。

  • 設計・計画段階:基本的な音響性能の確認作業
    まず、基本計画に関する施主ヒアリングを行い、計画規模・運用方針の設定、基本プランの提案、計画に合わせた遮音性能や室内音場の方向性の検討等を行った後、音響計画をまとめます。
  • 施工段階:施工図・音響工事チェック作業
    施工に先立ち、建築・設備の施工図や各種施工資料のチェック・検討を行います。また、施工上の留意点を、経験豊富なスタッフが前もって指摘し、施工中には、施工状況を適時確認するとともに、施工業者も交えたアドバイスを行います。
  • 竣工段階:竣工時の音響測定作業
    竣工時に音響測定を実施し、設計当初に目標としていた音響性能を満足しているかどうかの確認を行います。

既存映画館のリニューアル・音場改善

音場改善パネル取り付け事例(サロンパスルーブル丸の内)既存映画館のリニューアルや音場改善は、工期の確保や建物の構造上の条件、費用など制約が多くあります。ご要望に応じて、最適なアプローチをご提案します。現在、単独館を運営されている方で、「音響をシネコンのようにできないか」と思う反面、「うちの映画館は古い(歴史が長い)けれど、今のシネコンよりも存在感がある」と感じておられる方。デザイン的な存在感を残しながら、音場改善対策方法を検討いたします。是非、ご相談ください。

音楽・放送業界向け 建築業界向け 自動車・輸送機器業界向け 家電・電機・設備機器業界向け 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る