詳細検索

ホーム > 業務紹介 >  音楽・放送業界向け >  マイクロホン移動装置 1軸

マイクロホン移動装置 1軸

<マイクロホン移動装置に戻る

マイクロホンローテータMR&ターンテーブルTTシリーズ

小型残響室内に設置されたMR-1000の写真 マイクロホンローテータMRシリーズは主に残響室のマイクロホンの移動に利用されています。従来の三脚型MR-1000に加えて、駆動部傾斜をスムーズに行う省スペース型もご用意しています。ターンテーブルは標準機TT-1000を拡張した偏心荷重に対応する機種も製作しています。

MR-1000

主に、残響室で平均音圧レベルを測定するために利用されています。従来の三脚型のMR-1000は大型残響室の空間移動に利用されています。本機設置場所が限られたスペースで、残響室搬入物のサイズや障害物などを気遣う必要性がある場合は、移動キャスター付専用スタンドをベースに、本体傾斜自由度(手動)を追加したMR-1000-Sをお奨めします。

従来型(三脚使用)の写真

従来型(三脚使用)MR-1000

新型(専用スタンド付)の写真

新型(専用スタンド付)MR-1000-S

MR-1000 仕様

設置方法 床置き、天井吊り
本体寸法(最大) H2000(ブーム水平時)×半径D2490(mm)
可動範囲(最大) 0~350(°)
最大移動(回転)速度 45°/sec
停止精度 ±1mm
最大たわみ量 ±30mm(負荷1.5kg時)
マイクロホンホルダ 1/2インチマイク用
重量 15kg以下
ケーブル長 10m
コントローラ寸法 W300×H200(ゴム足15mm含む)×D380(mm)
消費電力 AC100V 200VA以下
インターフェイス GPIB
備考 リモコン有り(オプション)

TT-1000

ターンテーブルTT-1000の写真 スピーカ等の指向特性の測定に利用可能です。中心荷重150kgの負荷に耐える構造で、残響室における大形拡散板の連続回転等も制御可能です。

ターンテーブルの応用その1 頭部伝達関数(HRTF)測定用回転椅子

頭部伝達関数測定用回転椅子の写真 TT-1000に専用椅子を取り付け、ダミーヘッドもしくは被験者を着座・回転させることが出来ます。

ターンテーブルの応用その2 スピーカ専用ターンテーブル

スピーカ専用ターンテーブルの写真 テーブル面の反射性を考慮した偏心荷重対応型です。

TT-1000 仕様

設置方法 床置き
本体寸法(最大) W402×H170×D402(mm)
可動範囲(最大) 0~±9999.9(°)
最大移動(回転)速度 60°/sec
停止精度 ±1°
重量 30kg以下
ケーブル長 10m
コントローラ寸法 W300×H200(ゴム足15mm含む)×D380(mm)
消費電力 AC100V 300VA以下
インターフェイス GPIB
備考 リモコン有り(オプション)
中心荷重150kg 回転可能
連続回転可能(オプション)
音楽・放送業界向け 建築業界向け 自動車・輸送機器業界向け 家電・電機・設備機器業界向け 航空機騒音測定 オーディオルーム・楽器練習室
ページのトップへ戻る