ホーム > 研究開発 > 研究・実験設備

研究・実験設備

私たち日本音響エンジニアリングでは、研究開発活動を推進するために様々な研究・実験設備を設けております。またこちらでは自社製品だけでなく、お客様の開発業務をサポートする委託試験業務などにも積極的に取り組んでいます。

無響室

完全無響室から半無響室へ、床の吸音楔を取り外し式としたことで可変可能にしたフレキシビリティの高い無響室です。完全無響室では、スピーカなどの音響機器の精密な音響特性測定を行うことが可能あり、半無響室では、自動車を入れることで車の局所的な伝達経路別の遮音性能評価(音響感度、寄与別解析)を行えるなど、あらゆる測定用途に対応できます。測定用マイクロホンは、常設のマイクロホン移動装置を使用して、音響パワーレベル測定、音圧レベル/音響インテンシティレベル測定などの多点での測定も、全自動により正確に行うことができます。

完全無響室時

完全無響室時

半無響室時

半無響室時

■ 用途

完全無響室
半無響室

■ スペック

有効寸法:完全無響室時 6.2m(D)×4.8m(W)×2.9m(H)
有効寸法:半無響室時 6.2m(D)×4.8m(W)×3.5m(H)
カットオフ周波数:160Hz
測定周波数範囲:160Hz~20kHz
各種音響特性(音源放射特性 /指向性 /伝達関数等)

残響室

測定対象・用途に応じた大小2タイプの残響室を所有しています。大型残響室では、建築材料などの比較的大きなサンプルの残響室法吸音率測定が行えるほか、自動車を入れることで車体の遮音性能試験を行うことも可能です。小型残響室では、主に自動車の内装材等の小型サンプルの吸音率測定を行います。どちらもマイクロホンローテータを使用することで、全自動で安定したデータを測定できます。
また、音源はそれぞれ、拡散性の向上のためにマルチ音源を採用しています。測定手法は、従来からのノイズ断続法の他に、インパルス応答法を採用するなど、測定精度の向上を図っています。また残響室自体の拡散性評価のための研究も行っています。

大型残響室

大型残響室

小型残響室

小型残響室

■ 用途

■ スペック

大型残響室
  • 容積:140m3
  • 有効寸法:7.4m(D)×4.7m(W)×4.0m(H)
  • 残響室法吸音率 試料寸法:8m2
  • 残響室法吸音率 測定周波数範囲:200Hz~5kHz
小型残響室
  • 容積:9m3(不整形7面体)
  • 残響室法吸音率 試料寸法:1m2
  • 残響室法吸音率 測定周波数範囲:500Hz~5kHz

残響室-無響室間開

残響室-無響室間に設けた開口に試料を挿入し、残響室側を音源室、無響室側を受音室として、試料を透過してくる音の強さ(音響インテンシティレベル)を測定することにより、音響透過損失の測定を行います。大型残響-無響室間では、建築材料や建具等の音響透過損失測定から、車の成型パーツやカットボディなどの面積の大きな試料を取り付け、表面近傍の音響インテンシティ分布による遮音弱点部位の評価まで、多様な測定用途に対応できます。小型残響室-無響室間では、比較的小さな試料の音響透過損失を測定します。

大型残響室無響室間開口

大型残響室無響室間開口

小型残響室無響室間開口

小型残響室無響室間開口

■ 用途

■ スペック

大型残響室
  • 音響透過損失 試料寸法:最大2.7m(W)×2.3m(H)
  • 音響透過損失 測定周波数範囲:200Hz~5kHz
小型残響室
  • 音響透過損失 試料寸法:最大1.0m(W)×1.0m(H)
  • 音響透過損失測定周波数範囲:400Hz~5kHz

試聴実験室

試聴実験室では、各種シミュレーション結果の可聴化による比較試聴や、聴感実験システムを用いた音響心理評価実験、またNESモニタースピーカシステムの試聴などを主に行っております。

試聴実験室

試聴実験室

試聴実験室スクリーン使用

試聴実験室スクリーン使用

垂直入射吸音率測定システム

直径40mmと、300mm×300mmの2種類の音響管を用いた垂直入射吸音率測定システム(ISO10534-2準拠)を保有しております。いずれも近年主流となっている伝達関数法で測定します。算出可能な音響特性は、一般的に測定される垂直入射吸音率、ノーマル音響インピーダンスはもとより、特性インピーダンス、伝播定数、垂直入射音響透過損失の算出も行うことができます。

垂直入射吸音率測定システム

垂直入射吸音率測定システム

■ スペック

測定周波数範囲
200Hz~5kHz 直径40mmサンプル測定時
63Hz~500Hz 300mm×300mmサンプル測定時

■ 測定項目

Biotモデル予測のための材料パラメータ試験装置

主に自動車業界などで各種内装材の吸音・遮音性能の推定に用いられているBiot(ビオ)モデルの予測の際に必要となる各種材料パラメータの試験装置を保有しております。これらの装置は、自社の研究開発及び、お客様からの委託試験で活用しております。 弊社では、これらの装置で測定したパラメータを用いて、予測した吸音・遮音性能を、音響管や残響室・無響室を用いた実測値と比較検証することで、予測と実測の両方の精度の検証を行っております。

音響材料パラメータ測定システム

音響材料パラメータ測定システム

ページのトップへ戻る