詳細検索

ホーム > 研究開発 > 2007年 技術発表・論文投稿リスト

2007年 技術発表・論文投稿リスト

■ 国内発表

境界要素法における解の非一意性問題に起因する計算誤差の改善手法について-複数領域を連成する場合の検討-

廣澤邦一, 石塚崇1) , 藤原恭司2)
1)清水建設㈱ 技術研究所
2)九州大学・芸工
日本音響学会2007年春季研究発表会講演論文集, pp803-804 (2007)

球バッフルマイクロホンアレイ計測の室内音響分野への適用 - 第1報 小型残響室の拡散性評価

高島和博,田中菜津,関藤大樹,中川博
日本音響学会 2007年春季研究発表会講演論文集, CDROM (2007)

球バッフルマイクロホンアレイ計測の室内音響分野への適用-第1報 概要と室内音場の可視化例-

高島和博,田中菜津,倉光拓馬,中川博
日本音響学会 2007年春季研究発表会講演論文集, CDROM (2007)

電気機器騒音低減の為のHelmholtz共鳴理論の詳細検討

鶴秀生, 廣澤邦一, 野田伸一1)
1)東芝(株)
日本音響学会2007年春季研究発表会講演論文集, CDROM (2007)

PU-プローブを用いた自由音場法による音響材料の吸音率測定-その1 垂直入射吸音率を用いた測定方法の検討-

金誠, 廣澤邦一, 中川博
日本音響学会2007年秋季研究発表会講演論文集, pp1027-1028 (2007)

PU-プローブを用いた自由音場法による音響材料の吸音率測定-その2-斜入射吸音率の測定結果と伝達マトリックス法による計算結果の比較-

廣澤邦一, 金誠, 中川博
日本音響学会2007年秋季研究発表会講演論文集, pp1029-1030 (2007)

近接ペアマイクロホンを用いた壁面音響特性測定の理論的考察

鶴秀生, 中島弘史1)
1) (株)ホンダ・リサーチ・インスティテュート・ジャパン
日本音響学会2007年秋季研究発表会講演論文集, CDROM (2007)

全方位音源探査装置を用いた航空機騒音の自動測定

山下晃一, 忠平好生, 大橋心耳
日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集, pp45-48 (2007)

航空機騒音発生源の自動特定方法について

山下晃一, 忠平好生, 大橋心耳
日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集, pp49-52 (2007)

騒音影響の耐容限度と慣れ-成田国際空港での質問紙調査結果-

森尾謙一, 山下晃一, 大橋心耳, 森田巌1), 林直樹1) 飯島太郎2), 松井利仁2), 内山巌雄2), 平松幸三3)
1)成田市
2)京都大学工学研究科
3)京都大学・ASAFAS
日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集, pp61-64(2007)

航空機騒音の影響に関する量反応関係と反応閾値-成田国際空港での質問紙調査結果-

林直樹1), 森田巌1), 森尾謙一, 高木健次, 山下晃一, 大橋心耳, 飯島太郎2), 松井利仁2), 内山巌雄2), 平松幸三3)
1)成田市
2)京都大学工学研究科
3)京都大学・ASAFAS
日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集, pp65-68(2007)

室内音場予測における境界要素法と縮尺模型実験の比較検討

佐竹康, 鶴秀生, 廣澤邦一
第26回日本シミュレーション学会講演論文集 pp79-82, (2007)

筐体内吸音効果の波動音響的検討

鶴秀生
日本機械学会 D&D2007, CD-ROM (2007)

減衰のあるランダム媒質中の音波伝播の数値計算

鶴秀生, 石塚崇1) , 大槻東巳2)
1)清水建設
2)上智大学
日本流体力学会, CD-ROM (2007)

梁の波動伝播解析におけるTimoshenko係数効果

西田明美1) , 鶴秀生
1)日本原子力研究開発機構
第56回理論応用力学連合会講演論文集, pp299-300 (2007)

最適化線形多段階積分法によるコンパクト差分スキーム

岩津玲磨1), 鶴秀生
1)東京電機大学
第56回理論応用力学連合会講演論文集, pp231-232 (2007)

教室音響設計の為の幾何音響数値計算とその可聴化

鶴秀生, 福山忠雄, 有川禎昭1)
1)日東紡績
第12回計算工学会講演会論文集 pp169-170(2007)

円形マイクアレーを用いたブラインド音源分離における到来方向推定とその精度改善についての検討

藤田祐作
日本音響学会2007年春季研究発表会講演論文集, pp677-678 (2007)

反射音の角度依存性を用いた資源探査

鶴秀生, 関藤大樹, 山本郁夫1), 澤隆雄1)
1)日本海洋研究開発機構
日本音響学会2007年春季研究発表会講演論文集, CDROM (2007)

音響問題におけるアンダーソン局在

鶴秀生, 石塚崇1) , 大槻東巳2)
1)清水建設
2)上智大学
日本物理学会分科会, (2007)

高精度時間領域差分法を用いた室内音場予測

鶴秀生
音響技術 No.139, pp27-32 (2007)

室内音響におけるマイクロホンアレイ計測

高島和博
音響技術 No. 139, pp65-68 (2007)

レール放射音に関する数値計算

鶴秀生, 瀧川光伸1), 関藤大樹
1)東日本旅客鉄道(株)
騒音制御 Vol. 31, pp285-293 (2007)

■ 海外発表

High Quality Rocording through Microphone Array in Noisy and Reverberant Environment

H. Tsuru, H. Nakajima(HRI.)
ICSV14, Cairns, CD-ROM (2007)

Consideration of Helmholtz resonator for noise reduction of electric equipment

K.Hirosawa, H.Tsuru, S.Noda(Toshiba Corporation)
internoise2007(36th International Conference), 459 (2007)

Unattended aircraft noise monitoring using the omni-directional noise source analyzing method

K. Yamashita, Y. Tadahira, S. Ohashi
internoise2007(36th International Conference), 07-041(cd-rom) (2007)

Unattended monitoring technique for identifying the aircraft noise: the method for correlating the observed aircraft noise with an airport mode and an aircraft operation

Y. Tadahira, K. Yamashita, S. Ohashi
Internoise2007(36th International Conference), in07-043(cd-rom)(2007)

Questionnaire study conducted around Narita International Airport―Effects of aircraft noise and validity of noise indices―

Naoki Hayashi(1), Iwao Morita(1), Kenichi Morio, Kenji Takaki, Koichi Yamashita, Shinji Ohashi, Taro Iijima2), Toshihito Matsui2), Kozo Hiramatsu3)
1)Airport Division, Narita City Office
2)Graduate School of Engineering, Kyoto University
3)Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University
Internoise2007(36th International Conference), in07-093(cd-rom)(2007)

The omni-directional sound source analysis for evaluating the vehicle sound insulation performance

K. Takashima, H. Nakagawa
Spring Meeting of the Korean Society for Noise and Vibration Engineering, (2007)

Acoustic Design through Numerical Simulation Based on Wave Acoustics

H. Tsuru, Y. Satake
AES 13th Tokyo Convention, CD-ROM (2007)

ページのトップへ戻る